大手ISPな@nifty WiMAXのメリット・デメリット

@nifty(ニフティ)はCMでもお馴染みの大手ISP(インターネットサービスプロバイダ)です。最近では沢尻エリカさんが格安スマホNifMo(ニフモ)のCMに出演していたりします。そんな@niftyが展開しているサービスの1つに「@nifty WiMAX」があります。

現在多くのWiMAXプロバイダが乱立する中、@nifty WiMAXにはいったいどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?何か他と比べて劣っている部分はあるのでしょうか?WiMAXプロバイダはたくさんありますが、キャンペーン内容も少しずつ異なり、ちょっとした違いが分かっていないと損をしてしまう可能性があるのです。

そこで、このページでは@nifty WiMAXにどんな利点・欠点があるのかを細かく書いていきたいと思います。最後まで読めば@nifty WiMAXの特徴を把握できるはずです。それでは1つずつ勉強していきましょう。

@nifty WiMAXのメリット

大手ISPの安心感がある

@niftyは大手企業である富士通の連結子会社です。1999年に完全な富士通の子会社になってから、電気通信事業を主力のサービスとして規模を大きくしてきました。

現在は個人向けに、

  • @nifty光(固定回線)
  • ADSL回線
  • NifMo(格安スマホ)
  • @nifty MOBILE
  • @nifty WiMAX

法人向けに、

  • ニフティクラウド

などを手掛けています。

知名度・実績から信頼できるWiMAXプロバイダと言えます。

月額料金が少し安く設定されている

WiMAXの月額料金の定価は、本家UQ WiMAXが設定している4,380円です。そのため、他のWiMAXプロバイダの月額料金はUQ WiMAXと同じかそれ以下に設定されています。そして、@nifty WiMAXに関しては月額料金が4,350円となっているのです。

⇒『本家UQ WiMAXの月額料金は定価

ただ、もっと月額料金が安いWiMAXプロバイダは存在します。例えば、とくとくBB WiMAXSo-net WiMAXです。そのため、特別@nifty WiMAXにこだわる必要がないのであれば、他のプロバイダと契約したほうがお得になります。

⇒『とくとくBB WiMAXの月額料金は4,263円(ポイント利用で4,170円)

⇒『So-net WiMAXの月額料金は4,180円

キャッシュバック金額はトップレベル

今までキャッシュバック金額はそこまで高くありませんでしたが、最近はトップレベルに維持しています。

そのため、信頼できてお得なプロバイダと契約したいなら@nifty WiMAX一択です。

@nifty WiMAXのキャッシュバック金額を確認する

利用登録月を含めた3ヶ月間は無料(0円)

これは非常に珍しいことですが、申し込んだ月を含めた最初の3ヶ月間の月額料金が無料になります。対して、UQ WiMAXBroad WiMAXに関しては契約初月も日割りで料金を取られるほどです。これは豆知識として覚えておきましょう。

端末が1円

WiMAXを利用するためには必ず端末(ルーター)が必要になりますが、@nifty WiMAXは端末がたった1円で手に入ります。

新端末でも1円なので、金銭的な負担はほとんどありません。

auスマートバリューmine適用時はLTE通信が無料

WiMAXにおいて、通常LTE通信を行うと、月額料金に追加で1,005円が加算されます。

しかし、あなたがauユーザーで、auスマートバリューmineが適用されている場合、適用期間中はずっとLTE通信が無料になります。

これはかなりお得です。

WiMAX2+の「LTEオプション」が無料に!対象は「auスマートバリューmine」加入者

@nifty WiMAXのデメリット

支払い方法はクレジットカードのみ

@niftyは2017年6月27日まで口座振替にも対応していました。しかし今はクレジットカードのみになってしまいました。

もし口座振替でWiMAXを利用したい人は、その中でも最もお得なBIGLOBEがおすすめです。

キャッシュバックの受け取り方が忘れやすい

@nifty WiMAXのキャッシュバックの受け取り方法は少し忘れやすくなっています。なぜなら、手続きを行うのは、WiMAXを申し込んでから8ヶ月後になるからです。手続きさえ忘れなければ確実にキャッシュバックを手に入れることが出来ますが、忘れてしまったら意味がありません。

そのため、手続きを行う月を手帳やカレンダーにメモし、忘れないようにしておくことをおすすめします。

@nifty WiMAXのキャッシュバック受け取り手続きと手順

まとめ

ここまで書いてきたことを以下に簡単にまとめてみます。

【メリット】

  • @nfityは大手ISPだから安心感がある
  • 月額料金が定価よりも少し安く設定されている
  • キャッシュバック金額はトップレベル
  • 利用登録月を含む最初の3ヶ月間は無料(0円)
  • 端末が1円と安い
  • auスマートバリューmine適用時はLTE通信が無料

【デメリット】

  • 支払い方法はクレジットカードのみ
  • キャッシュバックの受け取り手続きが忘れやすい

@nifty WiMAXは大手の安心感があり、メリットも多いです。また、キャッシュバックも比較的高額なため、プロバイダ実績のあるWiMAXを契約しようと思っているのなら@nifty WiMAXで決定でしょう。

大手で安心!@nifty WiMAXの契約手順

とてもお得な@nifty WiMAXの月額料金とキャッシュバック

大手子会社である@nifty WiMAXの評判と口コミ

@niftyは大手プロバイダ会社として有名だし、キャッシュバック金額も高いから、口座振替に対応したWiMAXと契約したいなら@nifty一択だね!

オススメWiMAXプロバイダ3選

業界最安値「とくとくBB WiMAX」

とくとくBB WiMAX

業界一キャッシュバックが高額で、月額料金も安い!一番お得にWiMAXを契約したいなら、とくとくBBと契約するのが最良の方法になります!

公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


安さ&信頼&口座振替OK「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX

大手プロバイダで安心!また、口座振替にも対応しています。業界第2位の安さを誇り、キャッシュバックの受け取り手続きも簡単なので、WiMAX初心者ならBIGLOBEが精神的に一番楽です。※2年間支払い総額はとくとくBBと8,262円しか変わりません

公式サイト⇒BIGLOBE WiMAX 2+

いきなり大幅割引でキャッシュバック貰い忘れの心配がない「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

業界第4位でもあなどるなかれ!月額料金が安いので月々の負担は少なく、契約時に大幅割引を受けられるため、ほかのプロバイダのように「キャッシュバックの受取手続きを忘れないようにしないと…」とビクビクする必要がありません。

毎月お得&ストレスの少ないWiMAXプロバイダです。

公式サイト⇒BroadWiMAX

トップへ戻る