あなたにオススメのモバイルWiFi【比較と選び方】

2020年11月|18社を徹底比較!あなたにオススメのWiMAX【比較と選び方】

この記事は約21分で読めます。
ワイマ君
ワイマ君

この記事を読んでわかることはこれだよ↓

  1. 主要なWiMAXプロバイダを比較できる
  2. WiMAXのややこしさと注意点が分かる
  3. 最もお得なWiMAXを探し出せる
  4. ネットの情報に騙されることのない正しい知識が得られる

WiMAXの悪いところは、各プロバイダごとに強引な価格競争が勃発し、本当にお得なWiMAXがわかりにくい点です。それぞれが無理やり差別化を図ろうとして、どんどん複雑になってしまっています。

ワイマ君
ワイマ君

キャッシュバックだの、月額料金割引だので、もう何がなんだか分かりません…

そこでこのページでは、主要なWiMAXプロバイダを実質月額料金で比較し、表にまとめ、どれがお得なのかを直観的に分かるようにしました。その上でそれぞれプロバイダのメリット・デメリットを説明していきます。

 

また、WiMAX初心者の方のために、WiMAXが何なのかと、契約前の心構えも解説しました。ぜひ参考にしてみてください。

全18社の簡単比較表

いきなりWiMAXの小難しい話を始めてもすんなり頭に入ってこないと思うので、まずは当ページでどんなWiMAXプロバイダを比較していくのかを紹介します。詳しい説明はあとでするので、今は何も考えなくて大丈夫です。WiMAXプロバイダの比較表をさっと下まで眺めてみましょう。

初期費用月額料金(税抜き)端末代金キャンペーン縛り実質月額
GMOとくとくBB WiMAX(キャッシュバック)3,000円3,609~4,263円0円最大31,000円キャッシュバック3年3,481円
カシモWiMAX3,000円1,380~3,610円0円なし3年3,550円
Broad WiMAX21,857円2,726~4,011円0円初期費用18,857円が無料3年3,631円
GMOとくとくBB WiMAX(月額割引)3,000円2,590~4,263円0円月額料金割引+5,000円キャッシュバック3年3,642円
novas WiMAX3,000円2,780~4,380円0円月額料金割引3年3,889円
So-net WiMAX3,000円3,380~4,379円0円1年間月額料金割引3年4,017円
TikiモバイルWiMAX3,000円3,990~4,380円0円月額料金割引3年4,071円
hi-ho WiMAX3,000円3,780~4,300円0円なし3年4,101円
BIGLOBE WiMAX3,000円2,980~3,980円19,200円15,000円キャッシュバック1年4,109円
PC DEPOT WiMAX3,000円3,880円15,000円なし3年4,380円
KT WiMAX3,000円3,880円15,000円なし3年4,380円
DIS mobile WiMAX3,000円3,880円15,000円なし3年4,380円
UQ WiMAX3,000円3,880円~15,000円なしなし~2年4,480円
J:COM WiMAX3,000円4,379円~0円なし2年4,499円
YAMADA Air Mobile WiMAX3,000円3,880円15,000円なし2年4,600円
BIC WiMAX3,000円3,880円15,000円なし2年4,600円
ワイヤレスゲートWiMAX3,000円3,880円15,000円なし2年4,600円
エディオンネットWiMAX3,000円3,880円15,000円なし2年4,600円

この表は、実質の月額料金が安い順に並べています。

実質月額料金の計算方法:縛り年数の間にかかる合計費用(初期費用+月額料金+端末代金など)から、キャンペーン分(キャッシュバックなど)を引いて、縛りの月数で割っています。

プロバイダによって、月額料金が違ったり、キャンペーン内容が異なったりするので、実質月額料金を算出して比較するのが一番全体像が把握しやすいです。

 

各プロバイダの詳しい説明は後回しにするとして、まずはWiMAXが何なのか、契約する前にどんな注意をすべきなのかを解説していきましょう。

WiMAXって何?

WiMAXを契約するとネットが使えるようになるらしい」ということは分かっていても、そもそも『WiMAX』が何なのか、イマイチ把握できていない人も多いのではないでしょうか?

 

WiMAXとは、UQコミュニケーションズが提供しているインターネット回線サービスのことです。

ワイマ君
ワイマ君

よくCMで「UQモバイル」って聞くよね。そこの会社のサービスだよ!

例えばドコモ、au、ソフトバンクでスマホを契約している人は、それぞれの会社が全国に設置している基地局を通してインターネットを使用しています。

それと同じように、WiMAXの場合はUQコミュニケーションズが全国に設置している基地局を通してインターネットを使用することになります。

WiMAXを契約すると端末が自宅に届きます。説明書に沿ってWiMAX端末と自分の通信機器(スマホやPCなど)をWi-Fi接続(パスワード入力)することで、インターネットが使えるようになります。

WiMAXを契約する前の6つの心構え

1. WiMAXの種類がたくさんある理由

WiMAXには、UQ WiMAXのほかにも「〇〇WiMAX」といった具合にかなり多くの種類があります。

WiMAXマスター様々なプロバイダ一覧2

なぜこんなにも種類があるかというと、UQコミュニケーションズの回線は借りることができるからです。UQから回線を借りれば、「MVNO」としてWiMAXサービスを提供できるようになります。

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operatorの略で、仮想移動体通信事業者のこと。自社で回線を持たず、他社から回線を借りてサービスを提供する。

UQコミュニケーションズのホームページを見ると、MVNOを希望する企業に向けて案内を出しています。

MVNOになるメリットは、自社で回線を用意しなくても、お金さえ払えば通信サービスを提供できることです。すぐにWiMAXプロバイダとして事業を始められるので、多くの企業が参入してきました。

 

こうしてライバル企業が増えると当然価格競争が始まり、各企業がお得なキャンペーンを打ち出すように。しかし、そのせいでキャンペーン内容が複雑化し、どれを選べば本当にお得なのかが非常にわかりにくくなってしまいました。

2. どこから申し込んでもクオリティは同じ

WiMAXプロバイダの種類は多いですが、どこから申し込んでもUQコミュニケーションズの回線を使うことになるので、通信サービスの質は全く変わりません

  • 端末:どこも扱う端末は同じ(一部、料金を割り引くために古い端末を扱うWiMAXプロバイダもある)
  • 通信速度:どこも同じ
  • エリア:どこも同じ

WiMAX端末(ルーター)は、どのプロバイダも同じものを扱っています。

 

また、通信速度も同じUQの回線を使うので、どのプロバイダと契約しても変わりません。通信速度というのはプロバイダではなく、端末の性能や、エリアの繋がりやすさの影響を受けます。

 

エリアもプロバイダによって変わることはありません。

 

さて、少し話は逸れますが、WiMAXのエリアについて軽く勉強してみましょう。WiAMXは主要都市のエリアをほぼ網羅しています。以下で、WiMAXとドコモのエリアを比較してみました。

WiMAXの特徴は、地方や山岳地帯になると3大キャリア(ドコモ, au, ソフトバンク)よりも対応エリアが狭くなることです。

WiMAX契約前に必ず自分が利用するエリアの電波対応状況を確認しましょう → WiMAXサービスエリアマップ

 

自分の行動エリアが主要都市であればいいのですが、もし地方などであれば、ドコモ、au、ソフトバンクのエリアに対応しているモバイルWi-Fiルーターの利用も検討したほうがいいかもしれません↓

2020年11月|22社を徹底比較!あなたにオススメのモバイルWiFi【比較と選び方】
最近、新型コロナウイルスの影響で端末(ルーター)の在庫が不足する事態が発生しています。ほかにも通信障害(低速化)のトラブルが各社で頻発してお...
ワイマ君
ワイマ君

WiMAXの最大通信速度は上のページで紹介しているモバイルWi-Fiルーターよりも速いから、速度を重視している人はWiMAXのほうがいいんだけどね

 

話を戻しましょう。WiMAXはどのプロバイダから申し込んでもクオリティは変わりません。なので、単純に料金面を比較していけばいいことになります。要するに少しでもお得なキャンペーンを実施しているプロバイダを選ぶのが基本となるのです。

3. ややこしいキャンペーンたち

少しでもお得なキャンペーンを実施しているプロバイダを選ぶのが基本」とは言いましたが、中にはややこしいものも多々あります。

  • 高額キャッシュバックを受け取るためには、1年後に届くメールから忘れずに手続きをしなければならないもの
  • 不自然に高い初期費用を、「キャンペーンによって無料にできる」と謳うもの
  • 有料オプションに加入しないとキャンペーンが適用にならないもの

詳しいことはあとで全部説明するので大丈夫です。

 

ただ、はじめてWiMAXを検討している人は、いろいろと「ややこしいな」と思う部分があると思います。そのことを頭の片隅にでも置いといてください。

4. WiMAXの通信制限について

WiMAXには通信制限があります。「3日10GB制限」です。

3日で合計10GB以上の通信を行うと、午後6時~午前2時の間だけ、YouTubeの標準画質が見れる程度(約1Mbps)に速度が制限されます

正直言うと、WiMAXの通信制限はあまり気にするものではありません。なぜなら、平均的な人なら3日で10GB使うことはほとんどないからです。下の画像はYouTubeを何時間見たら10GBに到達するかを示したものです。

高画質な動画でも13時間見ないと10GBに到達しません。13時間と言えば、2時間の映画6本程度。3日以内に映画を6本見るのってしんどいですよね。それを考えると「3日10GB」はあまり気にしなくていいんです。

 

また、仮に通信制限が発生しても、速度は最大1Mbps程度出るので、ホームページ閲覧などには何の支障もありません。制限される時間帯(午後6時~午前2時)が決められているのも安心できます。

 

さらに制限は、直近の3日間の合計通信量が10GBを下回れば解除されます。

一度適用となった速度制限がその月ずっと続くことはありません。
ワイマ君
ワイマ君

「通信制限」は一見嫌なものだと感じるけど、これのお陰で快適性が保たれているんだよ。大量に通信する人を制限することで、ほかの利用者に悪影響が出ないようにしてくれてるんだ

5. 端末の選び方

WiMAXにはいくつか端末(ルーター)の種類があります。ただ、1年に1度新しい端末が出てくる程度で、性能も似たり寄ったりです。選ぶのはそんなに難しいことではありません。

 

以下に、モバイルWi-Fiルーターと据え置き型ルーターを紹介します。

モバイルWi-Fiルーター

2020年1月30日に発売された『Speed Wi-Fi NEXT WX06』が最も新しいルーターです。

  • 商品名:Speed Wi-Fi NEXT WX06
  • 製造元:NECプラットフォームズ株式会社
  • ハイスピードモード(WiMAX 2+)
    • ハイパフォーマンスモード:約8時間20分
    • ノーマルモード:約11時間30分
    • エコモード:約14時間
  • ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+、LTE)
    • ハイパフォーマンスモード:約8時間10分
    • ノーマルモード:約10時間30分
    • エコモード:約13時間20分
  • 電池容量:3,200mAh(取り外し可能
  • ハイスピードモード(WiMAX 2+)
    • 下り最大440Mbps
    • 上り最大75Mbps
  • ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+、LTE)
    • 下り最大440Mbps
    • 上り最大75Mbps
  • 最大接続可能台数:16台

バッテリー駆動時間が長く、電池も取り外し可能。もし電池が消耗してもUQアクセサリーショップで替えのバッテリーを購入できます。

ワイマ君
ワイマ君

特にこだわりがなければ、基本的には最新のルーターを選べばいいと思うよ

 

もう1つ、端末を紹介しておきます。2019年1月25日に発売された『Speed Wi-Fi NEXT W06』です。

WX06よりもバッテリー駆動時間は短いものの、最大通信速度は速いです。

  • 商品名:Speed Wi-Fi NEXT W06
  • 製造元:HUAWEI
  • ハイスピードモード(WiMAX 2+)
    • ハイパフォーマンス:約7時間10分
    • スマート:約9時間
    • バッテリーセーブ:約11時間40分
  • ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+、LTE)
    • ハイパフォーマンス:約5時間
    • スマート:約6時間40分
    • バッテリーセーブ:約10時間
  • 電池容量:3,000mAh(取り外し不可
  • ハイスピードモード(WiMAX 2+)
    • 下り最大558Mbps
    • 上り最大30Mbps
  • ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+、LTE)
    • 下り最大1.2Gbps
    • 上り最大75Mbps
  • 最大接続可能台数:16台

最大1.2GbpsはLTE通信も併用した時の速度です(理論値)。ハイスピードプラスエリアモードは月7GBと制限があるので、多くの人はハイスピードモードだけを使います。

 

モバイルWi-Fiルーターは持ち運ぶものですから、バッテリー駆動時間が長いWX06のほうがいいと思います。

据え置き型ルーター

据え置きルーターは2020年1月30日に発売された『WiMAX HOME 02』が最も新しいです。

  • 商品名:WiMAX HOME 02
  • 製造元:NECプラットフォームズ株式会社
  • 通信速度
    • 下り最大440Mbps
    • 上り最大75Mbps
  • 最大接続可能台数:20台
  • 重量:218g

NECが前回販売していたHOME01よりもルーターのサイズが40%コンパクトになりました。また、内部のアンテナが強化され、Wi-Fiエリアが届く範囲が25%アップしました。

 

もう1つ、据え置き型ルーターを紹介しておきます。2019年1月25日に発売された『Speed Wi-Fi HOME L02』です。

最大速度が最新の『WiMAX HOME 02』よりも速いのが特徴です。

  • 商品名:Speed Wi-Fi HOME L02
  • 製造元:HUAWEI
  • ハイスピードモード(WiMAX 2+)
    • 下り最大558Mbps
    • 上り最大30Mbps
  • ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+、LTE)
    • 下り最大1Gbps
    • 上り最大75Mbps
  • 無線LAN同時接続台数:42台
  • 重量436g

性能を重視するならL02を選んだほうがいいでしょう。古い端末は在庫が無くなり次第販売終了するので、WiMAXプロバイダのホームページで確認してみましょう。

6. WiMAXでできること

外出先でも快適なネット環境が持てる

WiMAXは最大通信速度が比較的速く、通信制限も非常にゆるいので、外出先でも快適にインターネットを利用できます。

  • 仕事中、立ち寄ったカフェでパソコンを開いて調べもの
  • 大学生が卒論作成のためにパソコンを持ち歩いてどこでも作業
  • スマホのプランだと通信制限があるので、WiMAXを併用して外出先でも思う存分音楽や動画を楽しむ

WiMAXがあれば、普段の生活の中で通信量を気にすることがほとんどなくなるので、ストレスも解消されます。

回線工事なし・立ち合いなしで気軽にインターネット回線を持てる

WiMAXは、契約して端末が自宅に届けば、あとは簡単なWi-Fi設定をするだけ。これでもうインターネットが使えるようになります。

  • 本当は固定回線を契約したいけど、平日が仕事で回線工事に立ち会えない人
  • 一人暮らしを始めた女性で、防犯上、回線工事のために他人を家にあげたくない人
  • 自宅が光回線のエリアじゃない人
  • 高額な回線工事をしたくない人

WiMAXを契約する時には据え置き型のルーターも選べるので、「別に持ち運べなくていいんだけど、自宅にネット回線がほしい」という人にも向いています。

月々のネット費用を節約することができる

WiMAXのメリットの1つは月額料金の安さ。この部分をうまく利用すれば月々のインターネット費用を節約することができます。

  • 3大キャリア(ドコモ, au, ソフトバンク)のスマホで一番安いプランを使うようにし、WiMAXメインでネットを使う
  • 3大キャリア(ドコモ, au, ソフトバンク)のスマホを解約し、格安スマホ最安プランWiMAXに替える
  • 4,000~5,000円かかっている固定回線を解約し、WiMAXに乗り換える

月々、数百円~1,000円程度違っても、1年で換算すると1万円以上の差が出てくることもあります。

ワイマ君
ワイマ君

「1万円あったらいい洋服買えるじゃん!」って思ったのは僕だけじゃないよね

ほとんどの人が【GMOとくとくBB WiMAX】でOK

先ほども言った通り、WiMAXはどこから申し込んでも同じUQの回線を使うことになります。結局のところWiMAXプロバイダの違いは『料金』だけなんです。

 

すると、必然的に一番お得な「GMOとくとくBB WiMAX」が一番のおすすめになります。

 

ただし、GMOとくとくBB WiMAXには「キャッシュバックキャンペーン」型と「月額料金割引キャンペーン」型があります。以下を読んで、どちらが自分に向いているか選んでみましょう。

最安値の【GMOとくとくBB WiMAX(キャッシュバック)】

GMOとくとくBB WiMAX(キャッシュバック)
初期費用3,000円
端末代金0円
月額料金

初月:3,609円の日割料金

1~2ヶ月目:3,609円

3ヶ月目以降:4,263円

キャンペーン最大31,000円
実質月額(縛り期間)3,481円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り3年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

契約解除料

0~12ヶ月目:19,000円

13~24ヶ月目:14,000円

25ヶ月目以降(更新月以外):9,500円

GMOとくとくBB WiMAXの「キャッシュバックキャンペーン」型が最もお得になります。ただし、キャッシュバックの受け取り方に注意が必要です。

  • 端末発送月を含む11ヶ月目に『キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール』が届く
  • このメールは、GMOとくとくBB WiMAX契約時に作るメールアドレスに送られてくる
  • 手続きは『キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール』送信日の翌月末日までに行わなければならない

注意事項に沿って受け取り手続きを行えば、キャッシュバックは必ずもらえます。

 

ただ、GMOから送られてくるメールに気付かなかったり、手続きをし忘れてしまう可能性もあるので、そこは注意しなければなりません。

ワイマ君
ワイマ君

マメな人ならキャッシュバックの受け取りを忘れることはないと思うから、そういう人にとっては最高のWiMAXプロバイダになるよ

\GMOとくとくBB WiMAX(キャッシュバック)を契約する/

確実に安くなる【GMOとくとくBB WiMAX(月額割引)】

GMOとくとくBB WiMAX(月額割引)
初期費用3,000円
端末代金0円
月額料金

初月:2,590円の日割料金

1~2ヶ月目:2,590円

3~24ヶ月目:3,344円

25ヶ月目以降:4,263円

キャンペーン月額割引+5,000円キャッシュバック
実質月額(縛り期間)3,642円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り3年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

契約解除料

0~12ヶ月目:19,000円

13~24ヶ月目:14,000円

25ヶ月目以降(更新月以外):9,500円

キャッシュバックの受け取りを忘れてしまうリスクがあるのは嫌だ」と思っている人は、GMOとくとくBB WiMAXの「月額料金割引キャンペーン」型を選びましょう。こちらなら何もしなくても月額料金が割り引かれて自動的にお得になります。

 

そもそも「キャッシュバックキャンペーン」型は、万が一キャッシュバックを受け取り忘れてしまったら全くお得でなくなります。

 

月々の支払いが少ないほうが安さを実感しやすいですし、確実にお得を求めるなら「月額料金割引キャンペーン」型のほうがいいです。

ワイマ君
ワイマ君

1年も先のことを考えたくない人や、日頃から多忙な人はこっちのほうがいいよ

只今5,000円キャッシュバックも実施中!

\GMOとくとくBB WiMAX(月額割引)を契約する/

知名度は低いけど隠れオトク【カシモWiMAX】

カシモWiMAX
初期費用3,000円
端末代金0円
月額料金

初月:1,380円

翌月以降:3,610円

キャンペーン月額割引
実質月額(縛り期間)3,550円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り3年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

契約解除料

0~12ヶ月目:19,000円

13~24ヶ月目:14,000円

25ヶ月目以降(更新月以外):9,500円

カシモWiMAXは2020年11月に月額料金の値下げを行い、非常にお得になりました。

 

今までだったら初月より後は段階的に月額料金が上がり、25ヶ月目以降は4,079円になっていました。それでも他社に比べたら安いほうでしたが、現在は初月より後が一律3,610円となり、他社を圧倒する価格になりました。

 

キャッシュバックキャンペーンがあるWiMAXは手続きをする必要があるので面倒な部分がありますが、カシモWiMAXなら勝手に月額料金が安くなるので確実にお得になります。また契約2年を過ぎると月額料金が上がるWiMAXも多いですが、カシモWiMAXはずっと一律3,610円なので、長期契約を考えている人ほどお得です。かなりの有力候補と考えていいでしょう。

\カシモWiMAXを契約する/

違約金を回避したい人向け2選

WiMAXの契約を検討している人の中には「縛りが嫌」「高い違約金が嫌」という人もいると思います。

 

例えば、WiMAXを使いたいけど1年以上使うか分からない人は、すぐに解約できるようなプロバイダを選びたいですよね?そこで2つをピックアップしてみました。

いつでも解約サポートがある【Broad WiMAX】

Broad WiMAX
初期費用21,857円
端末代金0円
月額料金

初月:2,726円の日割料金

1~2ヶ月目:2,726円

3~24ヶ月目:3,411円

25ヶ月目以降:4,011円

キャンペーン初期費用18,857円が無料
実質月額(縛り期間)3,631円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り3年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

口座振替(キャンペーン適用外)

契約解除料(Web割キャンペーン違約金込み)

0~12ヶ月目:28,500円

13~24ヶ月目:23,500円

25ヶ月目以降(更新月以外):9,500円

Broad WiMAXは最安とは言わないまでも、お得なグループには位置しています。月額料金は安いほうなので月々の出費を抑えることができます。

 

また、「いつでも解約サポート」があります。

解約したい時、Broad WiMAXを通して他社に乗り換えるのなら違約金が無料になるサービスです。別の回線に乗り換える必要があるのでインターネット回線を綺麗さっぱり解約することはできませんが、自分の生活の変化に合わせ、好きなタイミングで乗り換えられるのは大きなメリットです。

 

ただ、ややこしいキャンペーンも実施しています。

ほかのWiMAXプロバイダなら初期費用3,000円しかかからないところが、Broad WiMAXは契約事務手数料3,000円+初期費用18,857円がかかります。しかし、初期費用18,857円を無料にできるキャンペーンを実施しているので、結局、初期にかかる費用は3,000円のみになります(キャンペーンを適用すれば)。

どうせキャンペーンで初期費用18,857円を無料にしてくれるなら、最初から18,857円なんて無くせばいいようにも思えますが、Broad WiMAXはキャンペーンに適用条件を設けています。

【適用条件】

  • Webフォームからのお申込み
  • 料金プランを月額最安プランでお申込み
  • お支払い方法をクレジットカード払いでお申込み
  • 安心サポートプラス(月額550円)・MyBroadサポート(月額907円だけど最大2ヶ月無料)の2つのオプションに加入 ※商品到着後に無料で解約可能です

この中で注意すべき点はBroad WiMAX契約時に2つの有料オプションに加入しなければならないこと。不要ならあとから解約しましょう。

ワイマ君
ワイマ君

Broad WiMAXは通常の違約金のほかに、2年以内に解約した人には「Web割キャンペーン違約金」もある。でも『いつでも解約サポート』を使えばすべての違約金が無料で乗り換えできるんだ。便利だよね

\Broad WiMAXを契約する/


違約金が安く縛りが短い【BIGLOBE WiMAX】

BIGLOBE WiMAX
初期費用3,000円
端末代金19,200円(24回払い月々800円)
月額料金

初月:0円

1~3ヶ月目:2,980円

4ヶ月目以降:3,980円

キャンペーン15,000円キャッシュバック
実質月額(2年間)4,109円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り1年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

口座振替は+月額200円

契約解除料

0~12ヶ月目:1,000円

13ヶ月目以降:0円

BIGLOBE WiMAXの一番のデメリットは高額な端末代が無料にならないところです。端末代金は24回払いで、月額料金に上乗せされます。しかし、違約金は非常に安く、1年後からは違約金が無料になります。

 

また、現在は15,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。これのお陰で端末購入の負担がだいぶ減ります。また、キャッシュバックの受け取り手続きはサービス開始月の翌月から行えるので、忘れる心配も少ないです。

【キャッシュバックの受け取り手順】

  1. サービス開始翌月が特典適用月となるが、一応サービスが開始されたら、BIGLOBEのマイページにログインし、「キャッシュバック対象月」を確認しておく
  2. 「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後より、BIGLOBEマイページで指定口座の手続きが可能になる。そこに振込希望の金融機関情報を入力すれば、指定口座受け取りの手続き完了から数日後に振り込みが行われる

高額な違約金に振り回されたくない人や、何度も段階的に月額料金が上がっていくWiMAXプロバイダが嫌な人に向いています。

\BIGLOBE WiMAXを契約する/

「BIGLOBE WiMAX 2+」

その他

novas WiMAX

novas WiMAX
初期費用3,000円
端末代金0円
月額料金

初月:0円

1~2ヶ月目:2,780円

3~36ヶ月目:3,980円

37ヶ月目以降:4,380円

キャンペーン月額料金割引
実質月額(縛り期間)3,889円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り3年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

契約解除料

1~12ヶ月目:19,000円

13~24ヶ月目:14,000円

25ヶ月目以降(更新月以外):9,500円

最安値ではない、それだけです。

\novas WiMAXを契約する/

So-net WiMAX

So-net WiMAX
初期費用3,000円
端末代金0円
月額料金

初月:0円

1~12ヶ月目:3,380円

13ヶ月目以降:4,379円

キャンペーン1年間月額料金割引
実質月額(縛り期間)4,017円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り3年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

契約解除料

0~12ヶ月目:19,000円

13~24ヶ月目:14,000円

25ヶ月目以降(更新月以外):9,500円

最安値ではないのでおすすめしていません。So-netはインターネットプロバイダとして有名な企業なので信頼性は高いです。

\So-net WiMAXを契約する/

TikiモバイルWiMAX

TikiモバイルWiMAX
初期費用3,000円
端末代金0円
月額料金

0~36ヶ月目:3,990円

37ヶ月目以降:4,380円

キャンペーン月額料金割引
実質月額(縛り期間)4,071円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り3年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

契約解除料

0~12ヶ月目:19,000円

13~24ヶ月目:14,000円

25ヶ月目以降(更新月以外):9,500円

最安値ではない、それだけです。

\TikiモバイルWiMAXを契約する/

hi-ho WiMAX

hi-ho WiMAX
初期費用3,000円
端末代金0円
月額料金

初月:3,780円の日割料金

1~12ヶ月目:3,780円

13~24ヶ月目:4,000円

25ヶ月目以降:4,300円

キャンペーンなし
実質月額(縛り期間)4,101円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り3年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

契約解除料

0~2ヶ月目:38,800円

3~36ヶ月目:37,200円から毎月800円減少

38ヶ月目以降(更新月以外):9,500円

hi-ho WiMAXは違約金のルールに特徴があります。早く解約するほど違約金が高くなる仕組みで、万が一解約することを考えるとあまり契約したいとは思えません。

\hi-ho WiMAXを契約する/

PC DEPOT WiMAX

PC DEPOT WiMAX
初期費用3,000円
端末代金15,000円
月額料金

3,880円

キャンペーンなし
実質月額(縛り期間)4,380円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り3年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

契約解除料

不明

家電量販店「CPデポ」がプロバイダになっているWiMAXです。家電量販店は、ネット販売のみのプロバイダと比べて人件費などがかかる分、WiMAXはお得になりません。だから選択肢には入りません。

\PC DEPOT WiMAXを契約する/

KT WiMAX

KT WiMAX
初期費用3,000円
端末代金15,000円
月額料金

3,880円

キャンペーンなし
実質月額(縛り期間)4,380円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り3年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

契約解除料

9,500円

家電量販店「ケーズデンキ」がプロバイダになっているWiMAXです。

\KT WiMAXを契約する/

DIS mobile WiMAX

DIS mobile WiMAX
初期費用3,000円
端末代金15,000円
月額料金

3,880円

キャンペーンなし
実質月額(縛り期間)4,380円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り3年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

契約解除料

9,500円

ダイワボウ情報システム株式会社がプロバイダになっているWiMAXです。特にお得ではありません。

\DIS mobile WiMAXを契約する/

UQ WiMAX

UQ WiMAX
初期費用3,000円
端末代金15,000円
月額料金

3,880円

キャンペーンなし
実質月額(縛り期間)4,480円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り2年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

口座振替

契約解除料

1,000円(更新月以外)

本家のUQ WiMAXです。ほかのプロバイダで契約するのが不安な方はUQ WiMAXを選んでもいいでしょう。口座振替にも対応しています。ただ、現在はキャンペーンを実施していません。

\UQ WiMAXを契約する/

J:COM WiMAX

J:COM WiMAX
初期費用3,000円
端末代金0円
月額料金

4,379円

キャンペーンなし
実質月額(縛り期間)4,499円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り2年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

契約解除料

0~12ヶ月目:19,000円

13~24ヶ月目:14,000円

25ヶ月目以降(更新月以外):9,500円

J:COMがプロバイダになっているWiMAXです。J:COMに加入している人は月額料金が266円(税抜)安くなりますが、それを考慮しても全くお得とは言えません。

\J:COM WiMAXを契約する/

YAMADA Air Mobile WiMAX

YAMADA Air Mobile WiMAX
初期費用3,000円
端末代金15,000円
月額料金

3,880円

キャンペーンなし
実質月額(縛り期間)4,600円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り2年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

契約解除料

1,000円

家電量販店「ヤマダ電機」がプロバイダになっているWiMAXです。

\YAMADA Air Mobile WiMAXを契約する/

BIC WiMAX

BIC WiMAX
初期費用3,000円
端末代金15,000円
月額料金

3,880円

キャンペーンなし
実質月額(縛り期間)4,600円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り2年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

契約解除料

1,000円

家電量販店「ビックカメラ」がプロバイダになっているWiMAXです。

\BIC WiMAXを契約する/

ワイヤレスゲートWiMAX

ワイヤレスゲートWiMAX
初期費用3,000円
端末代金15,000円
月額料金

3,880円

キャンペーンなし
実質月額(縛り期間)4,600円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り2年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

契約解除料

1,000円

株式会社ワイヤレスゲートがプロバイダになっているWiMAXです。特にお得ではありません。

\ワイヤレスゲートWiMAXを契約する/

エディオンネットWiMAX

エディオンネットWiMAX
初期費用3,000円
端末代金15,000円
月額料金

3,880円

キャンペーンなし
実質月額(縛り期間)4,600円
容量3日10GB制限
速度(上り/下り)440Mbps/75Mbps
縛り2年
同時接続台数16台
支払い方法

クレジットカード

契約解除料

1,000円

家電量販店「エディオン」がプロバイダになっているWiMAXです。

\エディオンネットWiMAXを契約する/

ワイマ君
ワイマ君

WiMAXの基本はお得なプロバイダを選ぶこと。ただ、月額料金やキャンペーンが複雑化しているから分かりにくくなっているんだよね。でもこのページを参考にすれば自分がどれを契約したらいいか分かったんじゃないかな?