21社を徹底比較!あなたにオススメのモバイルWiFi【比較と選び方】

エディオンWiMAXを選ぶメリット・デメリット

この記事は約4分で読めます。

エディオンは関東の一部~西日本に店舗を置く家電量販店です。CMでもよく見ます。

 

そんなエディオンですが、家電を販売しているだけではなく、インターネットサービスも取り扱っています。それがエディオンWiMAXです。

※エディオンWiMAXはエディオンネット(クオルネット(KuaLnet))のモバイルインターネットサービス

 

WiMAXサービスを利用することで、屋内・屋外でもインターネットをすることが出来、とても便利です。

 

ただ、WiMAXにはエディオン以外にも、多くのプロバイダが存在します(とくとくBB WiMAXSo-net WiMAXなど)。プロバイダによってはお得なキャンペーンを行っているところもありますから、安易に契約してしまうと後悔してしまう可能性もあるのです。

 

そこで今回は、エディオンWiMAXのメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。ここでの知識をWiMAXプロバイダ選びに活かしてください。

エディオンWiMAXのメリット

店舗でスタッフの説明を聞きながら契約ができる

エディオンWiMAXはWiMAX取り扱い店舗で直接契約することが出来ます。

 

WiMAXを契約する人は案外WiMAXについて詳しくない人もいますから、実際にスタッフの説明を聞きながら申し込みが出来るのはありがたいことです。疑問をその場で解決することが可能です。

 

また、店舗での契約ということで、当日中に契約を完了させることが出来ます。すぐにWiMAXを使い始めたい人に便利です。

エディオンWiMAXのデメリット

高額キャッシュバックキャンペーンがない

エディオンWiMAXは現在、高額キャッシュバックキャンペーンを実施していません。店舗によっては独自にキャンペーンを実施しているかもしれませんが、これは問い合わせてみなければ分からないことです。

 

そのため、お得にWiMAXを契約したい場合は業界最安値のとくとくBB WiMAXSo-net WiMAXを選ぶと良いでしょう。

ご利用開始月に月額料金がかかる

主要なプロバイダはご利用開始月の月額料金を無料にしているところが多いのですが、エディオンWiMAXは有料(日割りで請求)です。

 

キャッシュバックキャンペーンがない分、こうしたところで頑張ってほしいものですが、そうもいかないようです。節約志向の方はほかのプロバイダを選んだほうが良いでしょう。

月額料金が定価

エディオンWiMAXの月額料金(ギガ放題プラン)は4,380円です。

 

これは本家であるUQ WiMAXと同じ金額で、定価料金です。ただ、もっと月額料金を低く設定しているプロバイダも存在します。月額料金は毎月の出費に関わるものですから、なるべく安いところを選んだほうが良いです。

WiMAX端末が有料か無料か不明

公式サイト「エディオンネット(クオルネット)」には、WiMAX端末の代金がどこにも記載されていませんでした。

 

なので、実際に店頭で確認するしかありません。

 

通常、WiMAX端末(ルーター)は無料か1円でもらえるものですので、有料の場合はそこのプロバイダを避けるほうが賢明です。

お支払い方法はクレジットカード払いのみ

エディオンWiMAXのお支払い方法は、クレジットカード払いのみとなっています。その他の支払い方法は対応していません。

 

しかし、中には口座振替(口座引き落とし)でWiMAXを契約したい人もいるかと思います。そういった人は『口座振替の支払いが可能なWiMAXプロバイダと契約する方法』のページで紹介しているWiMAXプロバイダを選ぶと良いでしょう。

ネット上から申し込みを行うことが出来ない

エディオンWiMAXは契約からプラン変更、解約まですべてWiMAX取り扱い店舗で行わなければなりません。

 

もともとネットが苦手で使いたくない人には問題ないですが、いちいち店舗に訪れるのが面倒だと感じる人は、インターネットから契約できるプロバイダのほうがおすすめです。

まとめ

それでは、上記のことを簡単にまとめていきます。

 

【メリット】

  • 店舗でスタッフの説明を聞きながら契約ができる

 

【デメリット】

  • 高額キャッシュバックキャンペーンがない
  • ご利用開始月に月額料金がかかる
  • 月額料金が定価
  • WiMAX端末が有料か無料か不明
  • お支払い方法はクレジットカード払いのみ
  • ネット上から申し込みを行うことが出来ない

 

こうして見ると、デメリットのほうが多いです。どうしても優秀なWiMAXプロバイダと比較するとこうなってしまいます。

 

これからWiMAXサービスを使い始めたいのであれば、『おすすめWiMAXプロバイダの比較と選び方』で紹介しているプロバイダを検討したほうが良さそうです。