21社を徹底比較!あなたにオススメのモバイルWiFi【比較と選び方】

めちゃ便利!WiMAXを実際に使ってみた感想と評判・口コミ

この記事は約5分で読めます。

少し前から気になっていたWiMAX。これまでは自宅でネットをする時はフレッツ光を使っていましたが、引っ越しを機にWiMAXを使ってみることにしました。

 

すると、思った以上に便利でした。

 

そこでこのページでは、私がどのようにWiMAXを使っているのか、どのようなところに便利さを感じたのか、などを紹介していきたいと思います。もしこれからWiMAXを契約したいと考えている人は是非参考にしてみてください。

私がWiMAXを選んだ理由

私がWiMAXを選んだ理由は、そこそこスピードが出るモバイルネット回線が欲しかったからです。

 

WiMAXがあれば、私が現在持っている、通信速度の遅い格安スマホを外出時も快適に使えます。また、外出先でノートパソコンをネットに繋ぐことも出来ます。さらに、自宅のメイン回線(固定回線の代わり)としての役割も果たしてくれます。

 

1つで何通りの使い方も出来、節約にもなるWiMAXは、倹約家な私の欲望を叶えてくれました。

私のWiMAXの使い方

WiMAX自体は小さいですが、頼れるヤツです。ここからは私がどのようにWiMAXを使用しているかをレビューしていきます。

固定回線の代わりとして使っている

自宅にて、WiMAXは固定回線の代わりとして機能します。

 

本来はフレッツ光などの固定回線を自宅に引くことでインターネット環境を整えるものですが、現在はWiMAXという便利なアイテムがあるので、これが固定回線代わりになってくれます。

 

 

インターネットを使う時は基本的に電源をONにした状態で、コンセントに繋いでいます。こうすることで、突然ルーターの電源が切れてインターネットが遮断されることを防いでいます。

自宅の固定回線代わりにWiMAXルーターを常時接続してみた

 

私は自宅では、普段からノートパソコンで調べものをしたり、YouTubeを見る時にWiMAXを使っています。たまにWiMAXは「通信速度が遅い!」「繋がりにくくて使い物にならない!」などと言われることがありますが、最近は制限緩和が行われるなど改善もされてきているので、特に不自由を感じたことはありません。

 

強いて言うなら、Wi-Fi電波が届かないような、ルーターから離れたところでは若干通信がしづらくなります。しかし大きな問題ではありません。

2階もOK?WiMAXの電波が届く自宅の範囲・距離を解説

スマホのデータ通信にも使っている

私はスマホの料金を安くするために格安スマホを使っているのですが、安い代わりに速度が遅いプランを契約しているので、外では何かと不便でした。

 

しかし、WiMAXを使うようになってからは、スマホではWiMAX回線が使えるので、速度に悩むことはなくなりました。

 

少し前まではWiMAXエリアは狭かったようですが、現在は随時エリアが拡大していて主要都市はカバーしてくれているので、東京に住んでいる私は不自由に感じることはないです。

WiMAXのエリアが狭いというのは案外誤解だった

持ち運びは楽

横からスマホとWiMAXルーターの厚みを比較してみました。

 

WiMAXは持ち運ぶのが面倒だと言われますが、これだけコンパクトで薄ければバッグにポンと入るので、ストレスを感じるようなことはありません。

WiMAXの通信速度と速度制限について

私は現在、ギガ放題プランを利用していますが、これには3日10GB制限と呼ばれる制限があります。もし制限が発生した途端に通信速度が遅くなってしまったら残念ですよね?

 

ということで、ここからは速度がどんなもんなのか解説していきます。

※速度測定はアプリ「Speedtest.net」を使用

制限なしの時のWiMAXの実際の速度

WiMAXマスター同じ階でWiMAXと通信機器をつないだ時の通信速度

何の速度制限もかけられていない時のWiMAXは速いです。上の速度は平日昼間に測定したものですが、19.96Mbpsも出ています。

 

これだけ通信速度が出ていると、YouTubeの高画質(1080p)の動画を一度に4つ再生するという暴挙に出ても、スムーズに流れます。

 

普段使いには何の問題もありません。

3日10GB制限時のWiMAXの実際の速度

WiMAXマスター3日3GB制限が発生した時の実際の実測スピードテスト

3日10GB制限というのは、過去3日間で合計3GBのデータ通信を行ってしまうと速度規制がかけられてしまうというものです。

 

この制限の良いところは、10GB使った瞬間に速度規制が入るのではなく、18時~午前2時の間のみ制限が発生することです。急に速度が遅くなることはなく、制限される時間帯も限定的ですから、心の準備が出来ます。

 

私の住んでいるところ(東京の西側)では、制限中でも6.29Mbps出ていました。昼間の測定なのでまぁまぁ出ていたのかもしれませんが、これだけ速度が出るのなら制限って感じではないですね。

 

また、比較的多くの人がインターネットを使う22時頃に速度を測ってみると…

 

WiMAXマスター3日3GB制限時22時の実際の通信速度実測2

 

5.07Mbpsも出ていました。これだけ制限が緩いとこちらとしてはかなり助かります。本音を言えば、「ギガ放題」なんだからこれくらいは当たり前でしょうけど。

WiMAXは私にとって便利なインターネット回線だった

正直なところ、WiMAXは不評も多いです。「ギガ放題に制限があるなんて知らなかった」「速度が遅い」「エリアが狭い」などなど。

 

ですが、WiMAXほどのモバイルインターネットサービスは他に思い当りません。特に、制限(3日10GB制限)が発生している時の速度がそこまで遅くないというのは、最大の特徴と言っていいでしょう。

 

自分の住んでいる地域がWiMAXのサービスエリアに含まれているのか確認を怠ってはいけませんが、これがクリア出来たならWiMAXを使い始めてもいいのではないかと思います。

WiMAXのサービスエリアマップ