WiMAXの評判がすこぶる悪い3つの理由

WiMAXは人によってとても便利な道具となり得るのですが、どうしても悪い評判は後を絶ちません。WiMAXを契約した後に「WiMAXは最悪だ!」「WiMAXなんてもう一生使わない!」といった言葉を発する人がいるのです。

いったいどうして悪い評価を付ける人がいるのでしょうか?

そこで今回は、WiMAXにおける悪い評判・口コミをいくつも見てきた私が、どのような理由でWiMAXが評判を落としているのかを解説していきたいと思います。これを読めば、WiMAX契約後に後悔することは減ると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

WiMAXの評判が悪い3つの理由

1. 電波が入らなかった

WiMAXが携帯(スマホ)と同じようにほぼどのエリアでも使えると思い込んでしまって、契約後、電波が入らないことに気付いた場合です。

現在は急速にWiMAXエリアが広がってはいるものの、山に近い田舎や地方ではエリアが普及していないところもあります。そのため、そういった場所に住んでいる人がWiMAXを契約してしまうとインターネットが利用できないのです。

だからこそ、こうした事態を防ぐために契約前に『WiMAXのサービスエリアマップ』を自分で確認しておかなければなりません。

また、この時に注意しなければならないことがあります。それは、少しでもエリアから外れていたら契約しないことです。

たまに「正確にはWiMAXのエリアと被っていないけど、少し離れているくらいなら大丈夫だろう」という安易な気持ちでWiMAXを契約してしまう人がいます。ですが、WiMAXの電波は携帯(スマホ)で使われている電波と違って、建物などの障害物に弱い周波数帯(2.5GHz)が使われているため、エリア外では電波が全く入らないことも多いのです。

以上のことから、WiMAXを契約する前には面倒でも必ずWiMAXのサービスエリアを確認するようにしてください。

WiMAXのサービスエリアマップ

2. 3日10GB制限の存在を知らなかった

WiMAXには「ギガ放題プラン」という、いかにもデータ通信が無制限であるかのようなプランがあります。

しかし、WiMAXのことをあまり詳しく知らない人の中には、ギガ放題プランを見て制限なしだと思い込み、そのまま契約してしまう人もいるようです。

実際は、ギガ放題プランには3日10GB制限という速度制限があり、月間の通信量の上限はないものの、過去3日間の通信量合計が10GBを超えてしまうと、過去3日間の通信量合計が10GB以下になる日が来るまで、18時~午前2時の間で通信速度が下げられてしまうのです。

徹底解説!WiMAX2+の3日10GB制限はどれくらい快適か?

といっても、3日10GB制限が発生した時の速度制限はYouTubeの標準画質が見れる程度なので、大したものではありません。

ですが、この事実を知らなかった人は突然通信速度が遅くなったことに腹を立て、「詐欺だ!」「ギガ放題で速度が遅くなるのはおかしい」などと持論を展開して騒ぎ立てるのです。

そのため、もしこうした制限に我慢が出来ない人は素直に固定回線を引いたほうが堅実です。

固定回線プロバイダの料金比較と選び方

3. キャッシュバックがもらえなかった

特に多いのがお金の問題です。

WiMAXには、とくとくBB WiMAXSo-net WiMAXなど、数万円の高額キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダがたくさん存在します。

しかし、これらキャッシュバックは無条件でもらえるものではなく、私たちのほうが忘れずに手続きを行わなければならないのです。

以下に、どんな手続きなのかを簡単に説明します。(どこのプロバイダも似通っています)

【キャッシュバック受け取り手続きの内容】

契約する際にプロバイダ専用のメールアドレスを作るのですが、そこに、決められた時期(プロバイダによって8ヶ月~13ヶ月と異なる)に「キャッシュバック案内メール」が届くので、届いてから1ヶ月~45日以内(プロバイダによって異なる)にキャッシュバックを振り込んでほしい口座を登録します。これで完了です。

そもそも、キャッシュバック目当てでWiMAXを契約したのに、この手続き方法を知らない人もいますし、知っていてもメモなどを取っておらずすっかり忘れてしまう人もいます。

そうして後になって、「キャッシュバックなんてもらえないじゃないか!ふざけるな!」と怒る人がたくさん出てくるのです。

キャッシュバックは手続きさえ行えば必ずもらえるものなので、忘れない工夫を自分でしておくことが大切です。おすすめは「キャッシュバック案内メール」が来る月をメモしておくことです。

まとめ

それでは、上記のことをまとめていきます。

【WiMAXの評判が悪い3つの理由】

  1. 電波が入らなかった
  2. 3日10GB制限の存在を知らなかった
  3. キャッシュバックがもらえなかった

なぜWiMAXの悪評が絶えないのか?

その理由の多くはこの3つに集約されます。どれもWiMAX側が対策を考えたり、周知徹底すれば防げるものではありますが、商売という観点からすれば仕方ない部分もあるのでしょう。

これからWiMAXを契約しようか悩んでいる人は、これらを踏まえた上で契約するかどうかを決めましょう

WiMAXに関して言えば、僕ら消費者側が気を付けなければいけないみたいだ。勘違いのないように注意して契約しようね!

オススメWiMAXプロバイダ3選

業界最安値「とくとくBB WiMAX」

とくとくBB WiMAX

業界一キャッシュバックが高額で、月額料金も安い!一番お得にWiMAXを契約したいなら、とくとくBBと契約するのが最良の方法になります!

公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


安さ&信頼&口座振替OK「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX

大手プロバイダで安心!また、口座振替にも対応しています。業界第2位の安さを誇り、キャッシュバックの受け取り手続きも簡単なので、WiMAX初心者ならBIGLOBEが精神的に一番楽です。※2年間支払い総額はとくとくBBと8,262円しか変わりません

公式サイト⇒BIGLOBE WiMAX 2+

いきなり大幅割引でキャッシュバック貰い忘れの心配がない「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

業界第4位でもあなどるなかれ!月額料金が安いので月々の負担は少なく、契約時に大幅割引を受けられるため、ほかのプロバイダのように「キャッシュバックの受取手続きを忘れないようにしないと…」とビクビクする必要がありません。

毎月お得&ストレスの少ないWiMAXプロバイダです。

公式サイト⇒BroadWiMAX

トップへ戻る