徹底解説!WiMAX2+の3日10GB制限はどれくらい快適か?

2017年2月2日より、WiMAXの通信制限は3日3GBから3日10GBへと緩和されました。

この制限緩和は、私からすると「革命的に良いことが起きたな!」という印象なのですが、まだよく分かっていない方も多いと思います。そもそも、WiMAX自体よく分からない人もいるのではないでしょうか?

そこでこのページでは、初心者でも理解できるように、WiMAXの3日10GB制限について解説していきたいと思います。WiMAXの契約を検討している方は、是非参考にしてみてください。

これまでの「3日3GB制限」とは?

3日10GB制限の話に入る前に、これまでの通信制限「3日3GB制限」の内容を簡単におさらいしていきます。完璧に知りたい場合は『徹底検証!WiMAXの3日3GB制限はどれくらい快適か?』のページを読んでみてください。

3日3GB制限とは、直近の過去3日間のデータ通信量が3GBを超えた場合に、速度制限が発生するというもの。

この速度制限は、直近の過去3日間のデータ通信量の合計が3GB未満になるまで続きます。

また、速度制限が発生した時の通信速度は、YouTubeの標準画質が見れる程度となっています(それほど遅くない)。なので、普通にネットサーフィンをするくらいなら制限されていることを感じません。

事実、私が3日3GB制限中に、YouTubeの高画質(1080p)を再生した際には、一度も読み込みで停止することなく、最後までスムーズに再生されました。

実測値!3日3GB制限の時のWiMAXの実際の速度

3日3GB制限中のWiMAX2+はYouTubeを再生することが出来るのか?

こういったことから、3日3GB制限が課されていた段階から、「WiMAXの快適性は高かった」と言うことが出来ます。

これからの「3日10GB制限」とは?

それでは、ここからは3日3GB制限の内容と比較しながら、3日10GB制限を確認していくことにします。

直近の過去3日間で10GBを超えると速度制限が発生

「3日10GB制限」では、直近の過去3日間のデータ通信量の合計が10GBを超えると、速度制限が発生するようになりました。

これまでは3GBでしたから、3倍以上も余裕が増えました。

ちなみに、この「10GB」というのは、WiMAX2+とau 4G LTEの通信量を合計した値です。

【速度制限がかかるご利用データ量】

直近3日間で10GB以上(「WiMAX2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計)

例えば、3日間でWiMAX2+を10GB以上使えば速度制限がかかりますし、3日間でWiMAX2+を7GB、au 4G LTEを3GB使っても速度制限がかかります。

ただし、au 4G LTEを利用する際には注意点がありますから、特別な理由がない限り使う必要はありません。詳しくは『WiMAX2+の「LTEオプション」が無料に!対象は「auスマートバリューmine」加入者』のページを参考。

話を戻しますが、3日で10GBも使うのは至難の業です。イメージとしては、YouTubeの高画質(1080p)動画を4つ同時に再生するのを、10時間ほど連続で行わなければ到達しないレベルです(過去に、YouTube高画質動画4つ同時再生を3時間程度行い、3GBの消費に成功したため)。

速度制限が発生する時間帯が短縮された

なんと3日10GB制限からは、速度制限が発生する時間帯も短縮されることとなりました。

3日3GB制限の時は、速度制限のかかる時間帯は翌日のお昼頃~直近3日間のデータ通信量が3GB以下になった日のお昼頃まででした。しかし、3日10GB制限からは、速度制限のかかる時間帯が18時~午前2時のみに統一されたのです。

要するに、インターネットがよく使われる時間帯にだけ、速度制限が発生するようになったのです。そのため、使い過ぎてしまってもあまり心配する必要はなくなりました。

例えば、ヘビーな使い方をして3日10GB制限が発生してしまっても、18時~午前2時以外ならこれまで通り高速通信が可能になるのです。これなら仕事の外回りでWiMAXを使っている人でも安心です。

速度制限が発生している時の通信速度は約1Mpbsを確保

3日3GB制限の時は、速度制限がかかってもYouTubeの標準画質(720p)は再生できる程度にしか制限されませんでした。これだけでも優秀です。

そして3日10GB制限になってからもこのクオリティは続きます。

「概ね1Mbps」と書いてありますが、要するに、YouTubeの標準画質(720p)は視聴できる程度にまでしか制限されないということ。これならネットサーフィンをするのにも不便ではないですから、実際のところ速度制限を感じることはありません。

めちゃ便利!WiMAXを実際に使ってみた感想と評判・口コミ

まとめ

「速度制限」という言葉を聞くと、多くの人はスマホの速度制限をイメージします。具体的に言うと、月に7GB以上使ってしまった時に、速度が128Kbps200Kbpsに制限されることです。

128Kbpsだと、スマホでYahoo!のHPをしっかり開くまでに10~20秒かかってしまって、とてもストレスがかかるレベルです。もちろん、YouTubeの一番低画質のものを再生しても、読み込みばかりでスムーズに再生することは出来ません。

それに比べると、WiMAXの3日10GB制限はあまりに良心的です。3日間で10GBも使わなければ速度制限とは無縁ですし、たとえ10GB使ってしまっても、速度は1Mbpsが保たれ、制限される時間帯も18時~午前2時だけなのですから。

この待遇が、これまでの料金そのままに受けられるのですから、もうWiMAXは最強のモバイルWi-Fiルーターと言っていいのではないでしょうか?

WiMAXは自宅のインターネット回線としても使えますし、外出時にノートパソコンやスマホもネットに繋ぐことが出来ます。スマホはSIMなしでもWiMAXでWi-Fi接続すればネットが使えますから、通信業者を解約してしまってもいいですね(電話はガラケーに機種変更して2台持ちに!)。高いパフォーマンスを維持しながら節約につながります

以前は批判もあったWiMAXですが、今後はWiMAXを積極的に使う人がどんどん増えていくのではないでしょうか?

オススメWiMAXプロバイダ3選

業界最安値「とくとくBB WiMAX」

とくとくBB WiMAX

業界一キャッシュバックが高額で、月額料金も安い!一番お得にWiMAXを契約したいなら、とくとくBBと契約するのが最良の方法になります!

公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


安さ&信頼&口座振替OK「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX

大手プロバイダで安心!また、口座振替にも対応しています。業界第2位の安さを誇り、キャッシュバックの受け取り手続きも簡単なので、WiMAX初心者ならBIGLOBEが精神的に一番楽です。※2年間支払い総額はとくとくBBと8,262円しか変わりません

公式サイト⇒BIGLOBE WiMAX 2+

いきなり大幅割引でキャッシュバック貰い忘れの心配がない「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

業界第4位でもあなどるなかれ!月額料金が安いので月々の負担は少なく、契約時に大幅割引を受けられるため、ほかのプロバイダのように「キャッシュバックの受取手続きを忘れないようにしないと…」とビクビクする必要がありません。

毎月お得&ストレスの少ないWiMAXプロバイダです。

公式サイト⇒BroadWiMAX

トップへ戻る