WiMAX端末|Speed Wi-Fi NEXT W04の評価・評判・口コミ

2017年2月17日に新しいWiMAX端末「Speed Wi-Fi NEXT W04」が販売を開始しました。

この端末は、前の機種よりも送信(上り)速度がアップし、形状も持ち運びがしやすいスティック状になりました。

それではこのページで、新端末W04の特徴や良い点・悪い点などを評価していきたいと思います。端末選びの参考にしてください。

Speed Wi-Fi NEXT W04の特徴

使える通信モードは2つ、設定はそれぞれ3つから選べる

W04は前の機種W03と同じで、通信モードはWiMAX2+とLTEのどちらを使うか切り替えることが出来ます。

さらに、それぞれで速い通信にするか節電重視にするか、またはその中間かを選べます。

【W04の2つの通信モードと3つの設定】

  1. ハイスピードモード(WiMAX2+通信のみ)
    1. ハイパフォーマンスモード(通信速度最大440Mbps)
    2. ノーマルモード(バッテリー残量により440Mbps or 220Mbps)
    3. バッテリーセーブモード(常に220Mbpsとなり節電)
  2. ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+・LTE)
    1. ハイパフォーマンスモード(通信速度最大440Mbps)
    2. ノーマルモード(バッテリー残量により440Mbps or 220Mbps)
    3. バッテリーセーブモード(常に220Mbpsとなり節電)

ハイスピードモード

このモードはWiMAX2+によるデータ通信を行いたい時に使用します。

ハイパフォーマンス設定にすることで、最大440Mbpsの高速通信でインターネットが利用できます。月額3,696円の通常プランであれば月7GB制限アリ3日10GB制限アリ、月額4,380円のギガ放題プランであれば月7GB制限ナシ3日10GB制限アリで使用することが出来ます。

徹底解説!WiMAX2+の3日10GB制限はどれくらい快適か?

バッテリーセーブ設定なら速度を抑えて節電します。

ノーマル設定にしておくと、バッテリー残量によって自動でWiMAX2+の速度が切り替わります。

ハイスピードプラスエリアモード

auの回線を使ったau 4G LTE専用のモードです。このモードに切り替えると月額料金が1,005円加算されますが、WiMAXよりも広いエリアでインターネットを利用することが出来ます。ちなみに、このモードには月7GBの制限があります。

また、ハイスピードプラスエリアモードで月7GB制限にかかってしまうと月末まで128Kbps(超低速)に速度制限され、同時にハイスピードモードも同じく128Kbpsに制限されてしまいます。この事実はあまり知られていないので注意しましょう。

ハイスピードプラスエリアモードには厳しい通信制限が存在する

送信速度(上り)が従来の3倍の30Mbpsになった

この性能はW04から新しく備わるものです。

今までは、メール送信や写真のアップデート、バックアップのためのデータ送信などに関わる送信速度(上り)は10Mbps程度でした。

しかしW04からはその3倍の30Mbps(最大)まで出るようになりました。より快適性が増すことになります。

バッテリー時間は少し短くなった

前回の機種Speed Wi-Fi NEXT WX03と比べると、バッテリー時間は少しだけ短くなりました。ただし、これは端末スリム化によるもので仕方のないことですし、ノーマルモードなら外出して使うには十分なので、あまり悲観的になる必要はありません。

【W04のバッテリー時間:ハイスピードモード時

  • ハイパフォーマンス設定時:6時間30分
  • ノーマル設定時:9時間
  • バッテリーセーブ設定時:10時間30分

【W04のバッテリー時間:ハイスピードプラスエリアモード時

  • ハイパフォーマンス:4時間20分
  • ノーマル設定時:6時間30分
  • バッテリーセーブ設定時:9時間10分

スマホからのリモート起動に対応

W04はリモート起動に対応しています。専用のスマホアプリ「NEC WiMAX 2+ Tool」を無料で取得することで、スマホからの遠隔操作でルーターを起動させることが出来るのです。

このアプリを使えば、バッテリー残量から電波状況直近3日間の使用データ量までも確認することが出来ます。

かざすだけの簡単Wi-Fi設定が可能に!

少し前までなら、Wi-Fiを利用する時にはスマホ設定画面でSSIDとパスワードの入力が必要でした。

しかしW04は、スマホをルーターにかざすだけで簡単に設定を完了することが出来、使い始めるまでに手間がかかりません。

無線LAN5GHzに対応

2.4GHz以外に、5GHzのWi-Fi電波を飛ばすことも出来るので、家電製品や他の家庭からのWi-Fi電波と干渉することを減らすことが出来ます。

快適な通信環境が手に入ります。

タッチパネルのカラーディスプレイ搭載

カラーディスプレイのタッチパネルなので、見やすく、直観的な操作が可能です。

無料オプションサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」利用可能

W04は、全国のUQ Wi-Fiスポットが無料で利用できるオプションサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」に対応しています。

UQ Wi-Fiプレミアム|UQ WiMAX

Speed Wi-Fi NEXT W04の評価

W04は、前回の機種(WX03)と同様に受信速度が440Mbpsに対応していますが、さらに送信速度が従来の3倍の30Mbpsへと大幅アップしました。

これにより、データの送受信がより快適になったと言えるでしょう。

また、端末の形状がスティック状で、バックやポケットにもすんなり入るので、持ち運びが容易になりました。

ただ、形状がスリムになった分、詰めるバッテリーの大きさも制限されるため、多少これまでの機種よりもバッテリー時間は少なくなってしまいました。この唯一のデメリットをどう見るかが悩みどころになりそうです。

1つアドバイスをするとしたら、ハイパフォーマンスモードのノーマルモードで9時間持ちますから、「これだけ持てば十分だ」と考えられるようなら、W04を選ぶと良いでしょう。

WiMAX端末おすすめの機種を紹介|現在版

W04はこれまでの機種よりも、データの送受信が快適になったよ!バッテリー第一主義じゃなければ、是非W04を検討しよう!

オススメWiMAXプロバイダ3選

業界最安値「とくとくBB WiMAX」

とくとくBB WiMAX

業界一キャッシュバックが高額で、月額料金も安い!一番お得にWiMAXを契約したいなら、とくとくBBと契約するのが最良の方法になります!

公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


安さ&信頼&口座振替OK「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX

大手プロバイダで安心!また、口座振替にも対応しています。業界第2位の安さを誇り、キャッシュバックの受け取り手続きも簡単なので、WiMAX初心者ならBIGLOBEが精神的に一番楽です。※2年間支払い総額はとくとくBBと8,262円しか変わりません

公式サイト⇒BIGLOBE WiMAX 2+

いきなり大幅割引でキャッシュバック貰い忘れの心配がない「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

業界第4位でもあなどるなかれ!月額料金が安いので月々の負担は少なく、契約時に大幅割引を受けられるため、ほかのプロバイダのように「キャッシュバックの受取手続きを忘れないようにしないと…」とビクビクする必要がありません。

毎月お得&ストレスの少ないWiMAXプロバイダです。

公式サイト⇒BroadWiMAX

トップへ戻る