契約はやめておけ!Mugen WiFiの9つのメリット・6つのデメリット

Mugen WiFiというモバイルWi-Fiサービスを見つけました。

最近はこの手のサービスが多くなってきました。Mugen(無限)ということですから、データ通信が無制限なんだろうな、ということはなんとなくわかります。

では、ほかにどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

調べていくうちに、いくつか不可解な点を見つけたので、それらも含めて解説していきたいと思います。

Mugen WiFiのメリット

データ通信無制限

Mugen WiFiはデータ通信が無制限です。これは何も珍しいことではありませんね。ほかのモバイルWi-Fiルーターも「無制限」を謳っていますから。

十分な通信速度

これに関しても他社と同じで、下りが最大150Mbps、上りが最大50Mbpsです。他社と同じように回線を用意して運営しているから、同じなんです。

ドコモ・au・ソフトバンクの回線を利用しているのでエリアが広い

これに関しても、どんなときもWiFi限界突破WiFiと同じ。ドコモ、au、ソフトバンクの回線を利用しているので、エリアが広いです。

月額料金が定額3,280円

Mugen WiFiが唯一他社と比較して誇れるのが月額料金。若干安くて3,280円です。他社は3,450円だったり、3,500円だったりするので、少し安いんですよね。

3,500円と比較するなら、その差は月に220円なので、1年では2,640円の差が広がります。

端末代金が0円

端末代金は0円です。これは他社も同じように無料にしていることが多いので、それに合わせた対応となっているのでしょう。

別途有料だが海外でもそのまま使える

Mugen WiFiはルーターをそのまま海外に持っていっても通信を行なうことができます。国によって1日あたり1,200円~かかりますが、お金に余裕がある人は、海外用レンタルWi-Fiを別に契約する必要がないので楽です。

安心全額返金保証あり

Mugen WiFiはほかとは違って、「安心全額返金保証」があります。

ただし、返金してもらうにはいくつか条件があります。

【返金保証について】

  • フォームからの申込日から30日以内に「安心全額返金保証希望」の旨と「解約理由」「追跡番号」をお問い合わせフォームより連絡すること。
  • 返品の「発送日時」が30日以内であること。
  • Mugen WiFiのご利用が初めてであること。

①契約事務手数料は返金の対象になりません。

②箱の破損などや説明書の欠品がある場合、追加費用として20,000円(税抜)が発生します。

③30日以上を過ぎた場合は違約金が発生いたします。

④返却処理手数料として1,080円(税抜)が発生いたします。

⑤また返送負担については、申込者側の負担となります。

まず、「全額返金保証」と言っているのに、契約事務手数料は返金の対象になっていない時点で、「全額」ではありませんよね。嘘を言っていることになります。

また、箱の破損などがあると、それだけで追加費用として20,000円を請求されます。なぜ20,000円かというと、端末の値段がだいたいそれくらいだからです。

さらに、返却処理手数料というのを別に1,080円請求されます。

全額返金ではない上に、追加で費用を請求されるので、良いサービスとは言えません。

バッテリーが最大12時間

バッテリーは1日持ちます。

最大5台まで同時接続できる

通信機器を最大5台までつなげられるので、複数人での利用も問題なく行なえます。

Mugen WiFiのデメリット

「端末代42,000円が完全無料」はおおげさ

「端末代42,000円は完全無料!」と書いてありましたが、端末がこんなに高額なのは見たことがありません。せいぜい19,200円か、それくらい。

「42,000円が無料になった」と聞くとかなりの割引感がありますが、さすがにこれは怪しすぎ。モバイルWi-Fiサービスの知識がない人をターゲットにしているとしか思えません。

WiMAXのような無料交換サービスはない

モバイルWi-Fiルーターを長期で使っていくと、バッテリーの消耗問題にぶち当たります。

しかし、Mugen WiFiにはバッテリーが消耗しても無料交換サービスなどはありません。たとえ有料の「端末補償」オプションに加入していても、端末の消耗関係では交換することができないのです。

対して、WiMAXであれば、2年以内おきに新端末との無料交換サービスが無条件で付いてきます。

違約金ナシ!WiMAXなら無料で最新端末に機種変更できるぞ!

新端末に無料で交換することで、新機能が使えるようになり、通信速度も上がり、バッテリーも新品のものを使えるようになるので、長く契約していくのであれば、かなりお得と言えます。

海外利用するなら別で海外用レンタルWi-Fiを使ったほうが安い

もし、より安く海外用のレンタルWi-Fiが使いたいのであれば、グローバルモバイルという企業のサービスを使ったほうがいいです↓

レンタルする手間は出てきますが、安く済ませることができます。

WiMAXの「3日10GB制限」を過度に警戒しすぎている

Mugen WiFiのホームページには、3日制限による速度に悩む人のことを「ギガ難民」と表現していますが、WiMAXの3日10GB制限はそこまで悪いものではありません。

たとえ、WiMAXにおいて3日で合計10GB以上使い、速度制限が発生したとして、速度制限がかかる時間は18時~夜中2時にかけてのみ。要するに、インターネット利用者の多い時間帯だけしか、制限が発生しないのです。さらに、速度制限されたとしても、YouTubeの標準画質の動画なら見れる程度にしか速度は落ちません。速度がめちゃめちゃ落ちて、サイトすら開けないような状態にはならないってわけです。

だから、「速度制限」を過剰に恐れるのは全く意味のないことだと覚えておきましょう。

徹底解説!WiMAX2+の3日10GB制限はどれくらい快適か?

違約金が尋常じゃなく高い

【解約費用について】

  • 1年未満:30,000円
  • 1~2年未満:25,000円
  • 契約更新月:0円
  • それ以降:9,500円

Mugen WiFiで一番驚いたのが、解約費用。なんと1年未満で解約すると3万円も取られてしまうのです。2年以内でも25,000円です。

例えば、3万円近い高額キャッシュバックキャンペーンを実施しているとくとくBB WiMAXは、1年未満の解約で違約金が19,000円取られますが、それは高額キャッシュバックがあるからこそです。

Mugen WiFiにはそういった還元キャンペーンがないのに、解約費用が異常なほど高いです。これがMugen WiFiを契約すべきでない一番の理由です。

初期費用が重複している

通常、モバイルWi-Fiサービスを契約する時は、初期費用が3,000円かかります。これはどこも同じなので仕方のないことです。

しかし、なぜかMugen WiFiは事務手数料で3,000円かかり、さらに初期設定費用でも3,000円かかります。要するに、合計6,000円の初期費用がかかってしまうのです。

これは謎過ぎます。私のように知識がある者からすると、不可解です。

まとめ

Mugen WiFiは月額料金が3,280円と、他社よりも安く設定されており、魅力的に感じていた人もいるかもしれません。しかし、ほかの部分に注目してみると、解約費用が高額だったり、初期費用が無駄にかかったりと、非常にリスクが高いことがわかりました。

ほかのサイトでMugen WiFiをおすすめしていることがありますが、そういったサイトはデメリットを隠しており、親切ではありません。

何が正しいのかを自分で判断し、不利な契約はしないように注意しましょう。

11月のオススメWiMAXプロバイダ3選

業界最安値「とくとくBB WiMAX」


キャッシュバック金額が高額なので、業界一お得なプロバイダ。安さ重視でWiMAXを契約するなら、とくとくBBが断然おすすめです。

キャッシュバックキャンペーン公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


また、とくとくBBには月額割引キャンペーンのWiMAXも用意しています。こちらはキャッシュバックキャンペーンより3年間合計の費用が2,000円ほど高いですが、何の手続きもなしに毎月の費用が安くなります。キャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまいそうな人は、月額割引で契約しましょう。

※2019/11/8~より2,000円キャッシュバックが追加されています

月額割引キャンペーン公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,170円(税抜)~!

安さと充実サービスを兼ね備えた「Broad WiMAX」


大手プロバイダで安心!「いつでも解約サポート」があるから、WiMAXに不満が出てきたら違約金無料で他社サービスに乗り換えられます。

公式サイト⇒BroadWiMAX

大手&安心&気軽に解約できる「BIGLOBE WiMAX」


BIGLOBEはその名を知っている人も多い大手プロバイダ会社なので、安心して契約したい初心者におすすめです。違約金も1,000円と安く、いつでも気軽に解約できる点は大きな魅力です。

公式サイト⇒BIGLOBE WiMAX 2+

「BIGLOBE WiMAX 2+」

トップへ戻る