WiMAXの家族割「ファミ得パック」のメリット・デメリット

WiMAXには家族割が存在します。そのため、場合によっては、WiMAXを別々に複数台契約して家族同士で使うよりも安く利用することが出来るのです。

その際、WiMAXの家族割「ファミ得パック」に対応しているプロバイダを経由して契約する必要があります。

しかし、この「ファミ得パック」はどれ程お得なのでしょうか?何かデメリットはないのでしょうか?

今回は、WiMAXを家族割で利用したい人向けに、「ファミ得パック」の基本的な説明から、メリット・デメリットを解説していきたいと思います。

基礎固め!WiMAXファミ得パックとは?

WiMAXマスターUQWiMAXファミ得パック

ファミ得パックとは、簡単に言えば2台目のルーターを安い月額料金で利用できるサービスです。

【WiMAXファミ得パックの料金について】

  • 1台目:月額料金3,696円
  • 2台目:月額料金2,363円1,333円引き

1台目は通常料金ですが、2台目から1,333円引きで契約・利用することが出来ます。

WiMAXファミ得パックのメリット・デメリット

WiMAXファミ得パックのメリット

ファミ得パックのメリットは単純に1つです。家族にWiMAXを使いたい人が複数人いる場合、2人目が安く契約することが出来ます

また、この2台は同じ家で使う必要はないため、1人は実家で、もう1人は引っ越し先・単身赴任先で使うといったことも可能です。

そうすれば、それぞれでWiMAXを契約するよりもお得になります。

WiMAXファミ得パックのデメリット

WiMAXファミ得パックのデメリットは、現在主流になっているWi-Fi規格「WiMAX2+」に対応していない点です。

そのため、そもそもこのWiMAXファミ得パックが契約できるかどうかも疑問です。

というのも、現在販売されているWiMAXルーターは、優先的にWiMAX2+で通信を行うようなシステムになっているので、WiMAXによる通信を行うファミ得パックが使えない可能性があるのです。

もしかしたら、WiMAX2+の通信に対応したファミ得パックが存在しているかもしれませんが、私がUQ WiMAXのホームページを探した時は、そうしたファミ得パックを見つけることが出来ませんでした。

まとめ

私が思うに、WiMAXはファミリーで複数を契約するようなものではないと考えています。

しかし、どうしても家族で複数のルーターを使いたいのであれば、ファミ得パックのあるUQ WiMAXから契約するのではなく、『おすすめWiMAXプロバイダの比較と選び方』のページで紹介しているような、高額キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダから2つ契約したほうがお得になります。

WiMAXでファミ得パックってのは、あんまり聞かないなぁ。そんなに主流なプランではないから、期待しないほうがいいよ。

オススメWiMAXプロバイダ3選

業界最安値「とくとくBB WiMAX」

とくとくBB WiMAX

業界一キャッシュバックが高額で、月額料金も安い!一番お得にWiMAXを契約したいなら、とくとくBBと契約するのが最良の方法になります!

公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


安さ&信頼&口座振替OK「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX

大手プロバイダで安心!また、口座振替にも対応しています。業界第2位の安さを誇り、キャッシュバックの受け取り手続きも簡単なので、WiMAX初心者ならBIGLOBEが精神的に一番楽です。※2年間支払い総額はとくとくBBと8,262円しか変わりません

公式サイト⇒BIGLOBE WiMAX 2+

いきなり大幅割引でキャッシュバック貰い忘れの心配がない「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

業界第4位でもあなどるなかれ!月額料金が安いので月々の負担は少なく、契約時に大幅割引を受けられるため、ほかのプロバイダのように「キャッシュバックの受取手続きを忘れないようにしないと…」とビクビクする必要がありません。

毎月お得&ストレスの少ないWiMAXプロバイダです。

公式サイト⇒BroadWiMAX

トップへ戻る