21社を徹底比較!あなたにオススメのモバイルWiFi【比較と選び方】

メールアドレスが取得できるWiMAXプロバイダはコレ!

この記事は約2分で読めます。

最近はGmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスが主流ですが、現在もプロバイダ会社から付与されるメールアドレスを使っている方は大勢います。

 

しかし、すべてのインターネットプロバイダでメールアドレスが付与される訳ではありません。例えば、WiMAXには様々なプロバイダが存在しますが、メールアドレスが取得出来るところと出来ないところがあるのです。

 

そこで今回は、メールアドレスが欲しい人のための、WiMAXプロバイダの選び方を紹介していきたいと思います。

メールアドレスが取得できるWiMAXプロバイダ一覧

まずは、メールアドレスが取得できるWiMAXプロバイダを知るところから始めましょう。以下の表を見てみてください。

 

 メールの有無月額料金保存期間容量
とくとくBB WiMAX0円180日間無制限
So-net WiMAX0円2ヶ月間無制限
@nifty WiMAX0円無制限5GB
BIGLOBE WiMAX0円無制限5GB
Broad WiMAX907円無制限1GB
UQ WiMAX×
ぺパボWiMAX×

 

こうして見ると、過半数のWiMAXプロバイダからはメールアドレスを取得できます。おすすめは、メールアドレスに月額料金がかからないとくとくBB WiMAXSo-net WiMAX@nifty WiMAXBIGLOBE WiMAXです。

保存期限無制限か容量無制限か

保存期限無制限

保存期限が無制限であれば、容量を使い切るまでは永遠にメールが保存されます。

 

ちなみに、私は1日に30~40通ほどのメールを受信しますが、この環境を2年以上続けていても合計で1GBにも達していません(現時点で約0.78GB)。

 

そのため、1日に800通以上ものメールのやり取りをするような人でなければ、基本的には保存期限無制限のほうを選択したほうがいいでしょう。

容量無制限

容量無制限が向いている人は、1日に800通以上のメールのやり取りをするような人です。このような人は、180日の間に5GB以上使うことになるため、容量が決まっているものよりも、容量無制限で保存期限が決まっているほうがいいでしょう。

 

ただ、現実的に考えると、1日に800通以上もメールをすることはないと思うので、ほとんどの人は保存期限無制限のほうが使い勝手が良いでしょう。

WiMAXプロバイダはどれを選ぶべきか?

いくらメールアドレスが取得できるからといっても、WiMAXはプロバイダによって月額料金が違ったり、キャンペーン内容が異なるため、さまざまな観点から比較しなければなりません。

 

そこで、当サイトでは『おすすめWiMAXプロバイダの比較と選び方』のページでお得なWiMAXプロバイダを紹介しています。

 

基本的にお得なプロバイダはメールアドレスを取得できるところばかりなので、1度確認してみましょう。