WiMAX端末|据え置き型Speed Wi-Fi HOME L02の評価・評判・口コミ

2019年1月25日に新型の据え置き端末「Speed Wi-Fi HOME L02」が発売されました。

WiMAXの据え置き型端末は、新端末が出ても見た目はそんなに変わりませんが、着々と機能性がアップしています。

もちろん今回発売を開始したL02も通信速度が大幅にアップし、快適になりました。

それではL02の特徴や優れた点について紹介していこうと思います。ぜひ参考にしてみてください。

Speed Wi-Fi HOME L02の特徴

Speed Wi-Fi HOME L02は2つの通信モードが使える

Speed Wi-Fi HOME L02は、2つの通信モードを自由に切り替えることが出来ます。切替は専用のアプリをスマホに入れておけば、そこから簡単に行えます。

【Speed Wi-Fi HOME L02の2つの通信モード】

  1. ハイスピードモード(WiMAX2+)
  2. ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+/LTE)

ハイスピードモード(WiMAX2+)

最大440Mbpsの高速通信WiMAX2+が使える通信モードです。

月額3,696円の通常プランであれば月7GB制限アリ3日10GB制限アリ、月額4,380円のギガ放題プランであれば月7GB制限ナシ3日10GB制限アリで使用することが出来ます。

徹底解説!WiMAX2+の3日10GB制限はどれくらい快適か?

基本的にはこのモードを使ってインターネットに接続することになります。

ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+/LTE)

ハイスピードプラスエリアモードは、エリアや電波状況によって、通信方法が自動でWiMAX2+かLTEに切り替わるモードです。

このモードは3年プランで契約している場合、無料で使用できます。LTEを使ったハイスピードプラスエリアモードには月7GB制限があり、これに達してしまうと速度が超低速の128Kbpsになってしまいます。さらに、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかった状態で、ハイスピードモードに戻してもWiMAX2+に対して128Kbps制限がかかった状態となります。これは翌月1日まで続きます。

ハイスピードプラスエリアモードには厳しい通信制限が存在する

最大速度1.2Gbpsに対応

「L02」は、最大受信速度が1Gbpsとなりました。

過去の据え置き型端末で一番受信速度が速かった「HOME01」でも440Mbpsでしたから、2倍以上に飛躍したことが分かります。

ただし、1Gbpsを実現するためには、L02を通信機器にUSB接続しなければなりません。例えば、L02とノートパソコンを「USB3.0 Type-C」で接続するといった感じに。

USB接続せずにWiMAXを使った場合は、最大受信速度は867Mbpsになります。それでも全然速いんですけどね。

もし自宅でもWiMAX通信を利用する予定なら、別途でUSB3.0以上のType-Cケーブルを購入すると良いでしょう。

360度全方位カバーする4本の高感度アンテナ搭載

L02の端末内には4本の高感度アンテナが新たに搭載され、360度全方位をカバーできるようになりました。また、通信機器を感知し、その方向に集中的に電波を放出する「Wi-Fi TXビームフォーミング」機能も搭載しているので、通信の安定性が30%もアップしました。

同時に42台の機器をインターネットに接続可能

Speed Wi-Fi HOME L02は、同時に42台もの通信機器(LANポート2台、Wi-Fi機器40台)をインターネットに接続することが可能です(2.4GHz:20台、5GHz:20台)。

Wi-Fiルーターは通常、複数の機器を接続するとその分通信速度が下がる傾向にありますが、これだけ余裕があれば大家族でも心配いりません。

また、持ち運ぶ用のルーターより電波がつながりやすい実験データが出ており、自宅メインのネット回線が欲しい人に打ってつけです。

設置が簡単

配線工事などの煩わしさがなく、コンセントに差すだけで簡単に設置が終わります。

NFCタッチ接続、QRコード接続に対応

通常、スマホやPCをWi-Fiに接続するためにはSSID・パスワードの入力が必要でした。

しかしL02は、NFC対応のスマホなら本体にかざすだけでWi-Fi接続できます。また、アプリ「Huawei HiLink」をダウンロード&起動して、本体底面のQRコードを読み込んでも接続できます。

有線LANにも対応

Speed Wi-Fi HOME L02には有線LANの差し込み口があり、パソコン等のインターネット機器と直接つなげることも可能です。そのため、パソコン等のインターネット機器が無線LAN(Wi-Fi)に対応していなくても心配いりません。

3日10GB制限はある

持ち運び型のWiMAXルーターと同様、据え置き型にも3日10GB制限はあります。

ですが、この制限はほとんど気にならないものなので、あまり心配する必要はありません。

徹底解説!WiMAX2+の3日10GB制限はどれくらい快適か?

Speed Wi-Fi HOME L02の評価

Speed Wi-Fi HOME L02は過去最大の通信速度を誇る据え置き型WiMAXルーターです。

もし、これから据え置き型のWiMAXルーターを契約しようと考えているなら、迷わず最新のL02を選びましょう。

WiMAX端末おすすめの機種を紹介|現在版

4月のオススメWiMAXプロバイダ3選

業界最安値「とくとくBB WiMAX」


月額割引キャンペーンにより業界一お得なプロバイダです。2019/2/7~から期間限定で5,000キャッシュバックが追加されています。終了時期は未定なので、契約するつもりなら、早めに契約しておいたほうがいいでしょう。

月額割引キャンペーン公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,170円(税抜)~!

 

現時点では、「キャッシュバックキャンペーン」より「月額割引キャンペーン」のほうがお得です。

キャッシュバックキャンペーン公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


安さ&信頼&口座振替OK「BIGLOBE WiMAX」


大手プロバイダで安心!また、口座振替にも対応しています。WiMAX初心者だけどお得に契約したいならBIGLOBEも良いでしょう。

公式サイト⇒BIGLOBE WiMAX 2+

「BIGLOBE WiMAX 2+」

月額大幅割引の「So-net WiMAX」


So-net WiMAXは月額割引キャンペーンを実施しているプロバイダ。So-netはその名を知っている人も多い大手プロバイダ会社なので、安心して契約したい初心者におすすめです。

公式サイト⇒WiMAXならSo-net!お得なキャンペーン実施中

トップへ戻る