WiMAX端末|Speed Wi-Fi NEXT W02の評価・評判・口コミ

2016年2月19日に新しく「Speed Wi-Fi NEXT W02」の端末が販売を開始しました。W02はW01の進化系とも言えるWiMAX端末で、特に節電機能が向上しました。

ここではW02の特徴や、他のルーターと比較した時の評価を解説していきます。購入に迷っている場合は是非参考にしてみてください。

Speed Wi-Fi NEXT W02の特徴

WiMAXマスターSpeedWi-FiNEXTW02

通信モードは2つ、設定は3つ、組み合わせは自由

W02は、通信モードでWiMAX2+とLTEのどちらの通信方式を使うかを決め、さらに設定で通信速度(節電するかどうか)を決めます。

【W02の2つの通信モードと3つの設定】

  1. ハイスピードモード(WiMAX2+通信のみ)
    1. ハイパフォーマンス設定(通信速度220Mbps)
    2. バッテリーセーブ設定(通信速度110Mbps)
    3. ノーマル設定(バッテリー残量により自動で速度調節)
  2. ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE通信のみ)
    1. ハイパフォーマンス/ノーマル設定(通常速度のLTE)
    2. バッテリーセーブ設定(多少節電)

ハイスピードモード

このモードはWiMAX2+によるデータ通信を行いたい時に使用します。

ハイパフォーマンス設定にすることで、220Mbpsの高速通信でインターネットが利用できます。月額3,696円の通常プランであれば月7GB制限アリ3日10GB制限アリ、月額4,380円のギガ放題プランであれば月7GB制限ナシ3日10GB制限アリで使用することが出来ます。

徹底解説!WiMAX2+の3日10GB制限はどれくらい快適か?

バッテリーセーブ設定なら速度を110Mbpsに抑えて節電します。

ノーマル設定にしておくと、バッテリー残量によって自動でWiMAX2+の速度が220Mbpsから110Mbpsに切り替わります。

ハイスピードプラスエリアモード

auの回線を使ったau 4G LTE専用のモードです。このモードに切り替えると月額料金が1,005円加算されますが、WiMAXよりも広いエリアでインターネットを利用することが出来ます。ちなみに、このモードには月7GBの制限があります。

このモードの場合、ハイパフォーマンス設定とノーマル設定では速度の違いはなく、バッテリーセーブ設定にすることで多少節電の効果があるようです。

バッテリー時間は多少短くなった

前回の機種Speed Wi-Fi NEXT WX02と比べると、Wi-Fi接続時の最長バッテリー時間が1時間30分も短くなってしまいました。これは、端末がサイズダウンしたことによるバッテリーの小型化が原因だと考えられます。

【W02のバッテリー時間:ハイスピードモード時

  • ハイパフォーマンス設定時:6時間30分
  • バッテリーセーブ設定時:8時間30分
  • ノーマル設定時:7時間

【W02のバッテリー時間:ハイスピードプラスエリアモード時

  • ハイパフォーマンス/ノーマル設定時:7時間20分
  • バッテリーセーブ設定時:7時間50分

スマホからのリモート起動に対応

W02はリモート起動に対応しています。専用のスマホアプリ「NEC WiMAX 2+ Tool」を無料で取得することで、スマホからの遠隔操作でルーターを起動させることが出来るのです。

このアプリを使えば、バッテリー残量から電波状況直近3日間の使用データ量までも確認することが出来ます。

5.5秒のクイック起動

W02は電源を入れてからおよそ5.5秒という早さで起動を完了します。使いたい時に素早くインターネットを始めることが出来ます。

タッチパネルのカラーディスプレイ搭載

カラーディスプレイのタッチパネルなので、見やすく、直観的な操作が可能です。

無料オプションサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」利用可能

W02は、全国のUQ Wi-Fiスポットが無料で利用できるオプションサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」に対応しています。

UQ Wi-Fiプレミアム|UQ WiMAX

Speed Wi-Fi NEXT W02の評価

W02によく似た過去の端末Speed Wi-Fi NEXT W01と比較すると、バッテリー時間は増え、節電に関する機能も追加されたので、優れたルーターだと言えます。

しかし、前回発売されたSpeed Wi-Fi NEXT WX02と比較すると、au 4G LTEは使えるようにはなったものの、バッテリー時間が大幅にダウンしてしまいました。

そうしたことから、長時間バッテリーを求めている場合はSpeed Wi-Fi NEXT WX02を選択し、LTE通信に対応したルーターが欲しい場合はW02を選ぶと良いのではないかと思います。

WiMAX端末おすすめの機種を紹介|現在版

WiMAX2+の速度的にはWX02とはなんら変わらないね。au 4G LTEが使えるかどうかとバッテリーの違いさ。

オススメWiMAXプロバイダ3選

業界最安値「とくとくBB WiMAX」

とくとくBB WiMAX

業界一キャッシュバックが高額で、月額料金も安い!一番お得にWiMAXを契約したいなら、とくとくBBと契約するのが最良の方法になります!

公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


安さ&信頼&口座振替OK「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX

大手プロバイダで安心!また、口座振替にも対応しています。業界第2位の安さを誇り、キャッシュバックの受け取り手続きも簡単なので、WiMAX初心者ならBIGLOBEが精神的に一番楽です。※2年間支払い総額はとくとくBBと8,262円しか変わりません

公式サイト⇒BIGLOBE WiMAX 2+

いきなり大幅割引でキャッシュバック貰い忘れの心配がない「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

業界第4位でもあなどるなかれ!月額料金が安いので月々の負担は少なく、契約時に大幅割引を受けられるため、ほかのプロバイダのように「キャッシュバックの受取手続きを忘れないようにしないと…」とビクビクする必要がありません。

毎月お得&ストレスの少ないWiMAXプロバイダです。

公式サイト⇒BroadWiMAX

トップへ戻る