Speed Wi-Fi NEXT W06を使ってみた感想(レビュー)

WiMAX端末「Speed Wi-Fi NEXT W06」について、使いやすさや電波状況はどうなのか、気になっている人は多いと思います。特にこれからWiMAXを契約するつもりの人は、リアルな使用感を知りたいはずです。

そこで今回は、実際にW06を使ってみた感想をあらゆる角度から紹介していきます。

これを読めば、自分がWiMAXを契約した時のイメージが浮かぶことでしょう。ぜひ読んでみてください。

W06の使いやすさは?

コンパクトで持ち運びやすい

使いやすさは、とてもシンプルで誰にでも使いやすいです。

まず、コンパクトでどこにでも持ち運びやすいデザイン。

大きさをスマホと比較してもて、小さいことが分かると思います。バッグにもすっぽり入るので、ストレスになりません。WiMAXを契約する人は、外に持ち歩き、スマホのデータ通信にも利用するかと思いますが、このサイズ感なら使い勝手はいいです。

また、画面ロック機能があるので、間違ってボタンが押されてしまっても、誤作動を防ぎます。

設定もカンタン

「WiMAXって設定が難しそう…」と思っている人がいるかもしれませんが、全くそんなことはありません。以下にWi-Fiにつなぐまでの流れを説明します。

電源をつけると出てくる「Wi-Fi接続設定」をタップ。

次に「手動設定」をタップ

あとは、画面に表示されているパスワードを、PCやスマホのWi-Fi設定画面に入力すればOK。

WiMAX端末が自宅に届いて、充電すれば、カンタンな設定だけですぐにネットが使えるようになります。

充電について

充電方法について。WiMAX端末の箱には、↑のような接続機器が入っています。

普段スマホを充電する時に使ってる充電器があると思いますが、その先端に接続機器を付け、WiMAX端末に差し込んで充電します。

バッテリーについて

W06の最大バッテリー時間は11時間40分。状況によってハイパフォーマンスモードとバッテリーセーブモードを切り替える「スマートモード」でも9時間持ちます。

普段はスマートモードを使っていますが、丸1日問題なくインターネット通信を利用できています。

通信速度は十分

埼玉の田舎のほうで計測した結果です。WiMAXのエリア判定は「○」でした。

43.8Mbpsも出れば十分です。YouTubeの1080pはスムーズに再生されますし、複数のYouTube動画を再生した時もスムーズでした。

YouTubeの1080pを3時間見てもせいぜい1.5GBくらいしか消費しないので、制限を気にせずWiMAXを使えています。3日で10GB使うと通信制限が発生するのですが、とても3日で10GB使うのは難しいですね。

また、通信制限をかけられても、速度制限されるのは午後6時~午前2時の間だけですし、制限後の速度もYouTubeの標準画質は見れる程度にしか落とされません。

通信制限はあってないようなものだと感じています。

まとめ

WiMAX端末はどんどん進化してきていて、ひと昔前と比べると通信速度はかなり速くなりました。

WiMAXを契約する時は、最新端末を選んでおけば間違いないですね。

11月のオススメWiMAXプロバイダ3選

業界最安値「とくとくBB WiMAX」


キャッシュバック金額が高額なので、業界一お得なプロバイダ。安さ重視でWiMAXを契約するなら、とくとくBBが断然おすすめです。

キャッシュバックキャンペーン公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


また、とくとくBBには月額割引キャンペーンのWiMAXも用意しています。こちらはキャッシュバックキャンペーンより3年間合計の費用が2,000円ほど高いですが、何の手続きもなしに毎月の費用が安くなります。キャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまいそうな人は、月額割引で契約しましょう。

※2019/11/8~より2,000円キャッシュバックが追加されています

月額割引キャンペーン公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,170円(税抜)~!

安さと充実サービスを兼ね備えた「Broad WiMAX」


大手プロバイダで安心!「いつでも解約サポート」があるから、WiMAXに不満が出てきたら違約金無料で他社サービスに乗り換えられます。

公式サイト⇒BroadWiMAX

大手&安心&気軽に解約できる「BIGLOBE WiMAX」


BIGLOBEはその名を知っている人も多い大手プロバイダ会社なので、安心して契約したい初心者におすすめです。違約金も1,000円と安く、いつでも気軽に解約できる点は大きな魅力です。

公式サイト⇒BIGLOBE WiMAX 2+

「BIGLOBE WiMAX 2+」

トップへ戻る