WiMAX端末|Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15の評価・評判・口コミ

※Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15はすでに販売終了しました。

2014年8月1日にWiMAX端末「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15」が発売されました。これはWi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14の進化版と言えます。大きな画面のタッチパネル仕様はそのままに、バッテリー時間は大幅にアップしました。

そこで今回は、さらにHWD15の特徴を紹介し、さらに前回の機種NAD11との違いにも言及していきたいと思います。

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15の特徴

WiMAXマスターWiMAX端末モバイルWi-FiルーターWi-FiWALKERWiMAX2+HWD15

通信モードは3つから選択可能

HWD15は、自分で端末の設定から、使いたい通信モードを選ぶことが出来ます。

【HWD15の3つの通信モード】

  1. ノーリミットモード(WiMAX)
  2. ハイスピードモード(WiMAX/WiMAX2+)
  3. ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)

ノーリミットモード(WiMAX)

ノーリミットモードでは、月にいくらデータ通信をしても無制限のWiMAXを使うことが出来ます。通信速度は13.3Mbpsと遅いですが、用途が「ネットサーフィンだけ」という人には便利な機能です。

ハイスピードモード(WiMAX/WiMAX2+)

110Mbpsの高速通信WiMAX2+が使える通信モードです。月額3,696円の通常プランであれば月7GB制限アリ3日10GB制限アリ、月額4,380円のギガ放題プランであれば月7GB制限ナシ3日10GB制限アリで使用することが出来ます。

徹底解説!WiMAX2+の3日10GB制限はどれくらい快適か?

また、WiMAX2+エリア外になると通信方式が自動的にWiMAXに切り替わります。

4ステップで分かるWiMAXとWiMAX2+の違い比較

ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)

ノーリミットモードやハイスピードモードのような、UQコミュニケーションズのWiMAX回線を使った通信とは違い、auの回線を利用した通信モードです。

auの回線はWiMAXエリアよりも広いので、WiMAXの電波が圏外でどうしてもインターネットを使いたい時に便利です。

ただし、1度でもハイスピードプラスエリアモードに切り替えると、月額料金に1,005円が加算されます(月に何度切り替えても加算されるのは1,005円だけで、使った回数分1,005円が付け足されていくわけではないので心配いりません)。

また、この通信モードには月7GB制限があります。

バッテリー時間は最大10時間50分

HWD15のバッテリーはなんと最長で10時間50分です。前回の機種Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11よりも20分長くなりました。

【HWD15のバッテリー時間】

  • WiMAX2+利用時:10時間50分
  • WiMAX利用時:9時間40分
  • au 4G LTE利用時:10時間

WiMAXハイパワー対応

HWD15はWiMAXハイパワーに対応しているため、WiMAXの電波を拾いやすくなっています。そのため、通常ならつながりにくい場所でもインターネットが利用可能です。

WiMAXマスターWiMAXハイパワーとは何か

【Q.WiMAXハイパワーとは?】

A.WiMAXの送信ならびに受信能力が向上したWiMAX端末の機能です。WiMAXハイパワー対応機器の場合、弱電界でもより快適に*、また繋がらない場所でもつながり*、WiMAXをご利用いただけるようになります。

※電波状況により異なります。

5秒のクイック機能

HWD15は、電源ボタンを押してから約5秒という素早いスピードで起動します。そのため、せっかちな人でもストレスを感じることなく使うことができます。

スマホを充電することができる

HWD15はスマホを充電する機能も備えているので、モバイルバッテリーの代わりにもなり便利です。いざという時に役に立ちます。

タッチパネルのカラーディスプレイ搭載

大きな画面のタッチパネルで操作を行うので、扱いも簡単です。

無料オプションサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」利用可能

HWD15は、全国のUQ Wi-Fiスポットが無料で利用できるオプションサービス「UQ Wi-Fiプレミアム」に対応しています。

UQ Wi-Fiプレミアム|UQ WiMAX

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15の評価

過去の機種と比べると、バッテリー時間はアップし、外出時も安心して長時間インターネットを楽しむことが出来るようになりました。

前回の機種NAD11と比較するとボディは大きくなってしまいましたが、通信モードは3つ備えるなど機能性は高まりました。

結論としては、いたせり尽くせりの機能を搭載したHWD15はオススメできるWiMAX端末と言えます。

WiMAX端末おすすめの機種を紹介|現在版

フォルムはゴツいんだけど、機能は充実してて使いやすいと思うよ!

オススメWiMAXプロバイダ3選

業界最安値「とくとくBB WiMAX」

とくとくBB WiMAX

業界一キャッシュバックが高額で、月額料金も安い!一番お得にWiMAXを契約したいなら、とくとくBBと契約するのが最良の方法になります!

公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


安さ&信頼&口座振替OK「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX

大手プロバイダで安心!また、口座振替にも対応しています。業界第2位の安さを誇り、キャッシュバックの受け取り手続きも簡単なので、WiMAX初心者ならBIGLOBEが精神的に一番楽です。※2年間支払い総額はとくとくBBと8,262円しか変わりません

公式サイト⇒BIGLOBE WiMAX 2+

いきなり大幅割引でキャッシュバック貰い忘れの心配がない「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

業界第4位でもあなどるなかれ!月額料金が安いので月々の負担は少なく、契約時に大幅割引を受けられるため、ほかのプロバイダのように「キャッシュバックの受取手続きを忘れないようにしないと…」とビクビクする必要がありません。

毎月お得&ストレスの少ないWiMAXプロバイダです。

公式サイト⇒BroadWiMAX

トップへ戻る