どっち?WiMAXとフレッツ光の違いを比較!

WiMAXとフレッツ光にはそれぞれメリット・デメリットがありますから、一概にどっちがいいとは言えません。しかし、丁寧に比較検討していくことで、自分がどちらに向いているかが分かります。

そこで今回は、WiMAXとフレッツ光のメリット・デメリットを挙げていき、徹底的に比較していきたいと思います。どちらにしようか迷っている人は是非参考にしてみてください。

WiMAXのメリット・デメリット

WiMAXのメリット

持ち運べるネット回線である

WiMAXはモバイルネット回線であるため、WiMAXの電波が使えるエリア内であれば、全国どこでもインターネットを利用することが出来ます。

例えば、WiMAXのルーターを持ち運ぶことで、カフェ・電車・新幹線内でノートパソコンをネットに繋ぐことが出来ます。学生であれば、大学にノートパソコンを持ち込んで何か作業をすることも出来ます。

極端な話ですが、電源さえ確保できれば、公園でインターネットを使うことも出来るのです。

このように、自分でネット回線を持ち運べるというのは、フレッツ光にはない大きなメリットです。

複数の通信機器にネットを繋げることが出来る

WiMAXのようなモバイルWi-Fiルーターは、同時にいくつかの通信機器をインターネットに接続することが可能です。

WiMAXマスターモバイルWi-Fiルーターは複数の通信機器を同時にインターネットに接続可能

具体的に言うと、スマホ・ノートパソコン・3DS(PSP)などを同時にインターネットに繋ぐことが出来るということです。

配線工事が要らない

フレッツ光ならば、契約後に自宅に配線工事を行う必要があります。数万円のお金もかかりますし、場合によっては立ち合いが必要です。

しかし、WiMAXであれば説明書に沿ってパスワード入力などの設定をするだけで、すぐにインターネットが使えるようになります。とても簡単です。

コストパフォーマンスが高い

どこでも持ち運べて、工事も不要、そして、数万円の高額キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダが多いので、トータルで考えるとコストパフォーマンスは高いです。

WiMAXのデメリット

充電が必要

WiMAXは、毎回ルーターを充電しなければなりません。そして、もし使用中に電源が切れてしまえば途端にインターネットは使えなくなります。

使う時は忘れずに充電しましょう。

外出先で使う場合は持ち運ぶ必要がある

どこか外出先でインターネットがしたい場合、WiMAXの端末を持ち運ばなければなりません。

現在は薄くて軽い端末が多いので、そこまでかさばることはありませんが、端末がある分荷物が多くなることを自覚しておきましょう。

エリア外では使えない

WiMAXはエリア外では使えません。一応、全国の主要都市は99%カバーしているので、過度な心配はいりませんが、契約前には必ず『サービスエリアマップ』を確認しておきましょう。

フレッツ光よりも接続が不安定

フレッツ光は光ファイバーを使った有線であるため、通信速度も速く、接続の安定性も高いです。

対して、WiMAXは無線によるインターネット接続ですから、地域や回線の混雑状況によって、通信が不安定になることもあります。この部分はフレッツ光と別物と考えておいたほうがいいでしょう。

差は歴然!WiMAXとフレッツ光の速度の違いを比較

フレッツ光のメリット・デメリット

フレッツ光のメリット

安定して速い快適なインターネット環境

フレッツ光のメリットはコレに尽きます。自宅にフレッツ光を引けば、とても快適なインターネット環境を構築することが出来ます。

速度が速く、安定性に優れているのでストレスを感じることはありません。

また、無線LANルーターを買ってきて接続すれば、自宅にWi-Fiを飛ばすことも出来、そうすることで複数の通信機器を同時にフレッツ光に接続することも出来るのです。

WiMAXマスターWi-Fiなら複数同時に通信機器をインターネットにつなげることが出来る

フレッツ光のデメリット

自宅のみのインターネット回線

当然のことながら、フレッツ光は自宅限定のインターネット回線です。そのため、WiMAXのようにどこかに持ち運ぶといったことは出来ません。

そして基本的に、引っ越しをするたびに解約契約配線工事が必要です。快適な分、少々面倒なところもあります。

配線工事が必要でお金がかかる

配線工事は業者を呼んで作業をしてもらうので、数千~数万円の費用がかかります。特に、土日祝日に配線工事をお願いする場合はさらに料金が高くなるので注意してください。

また、場合によっては立ち合いが必要で、業者さんを家に上げなければならないので、面倒です。

まとめ

では最後にWiMAXとフレッツ光のメリット・デメリットを改めてまとめていきます。

【WiMAXのメリット・デメリット】

  • メリット
    • 持ち運べるネット回線である
    • 複数の通信機器にネットを繋げることが出来る
    • 配線工事が要らない
    • コストパフォーマンスが高い
  • デメリット
    • 充電が必要
    • 外出先で使う場合は持ち運ぶ必要がある
    • エリア外では使えない
    • フレッツ光よりも接続が不安定

【フレッツ光のメリット・デメリット】

  • メリット
    • 安定して速い快適なインターネット環境
  • デメリット
    • 自宅のみのインターネット回線
    • 配線工事が必要でお金がかかる

WiMAXとフレッツ光は別物です。持ち運べるのか、持ち運べないのかが大きな違いです。そのため、どこか外出先でインターネットを使おうと考えているのであれば、問答無用でWiMAX。自宅のみのインターネット回線で十分な場合はフレッツ光を契約しましょう。

固定回線プロバイダの料金比較と選び方

最近はWiMAXもエリアがどんどん広がってきているし、速度も速いから、結構おすすめだよ。

オススメWiMAXプロバイダ3選

業界最安値「とくとくBB WiMAX」

とくとくBB WiMAX

業界一キャッシュバックが高額で、月額料金も安い!一番お得にWiMAXを契約したいなら、とくとくBBと契約するのが最良の方法になります!

公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


安さ&信頼&口座振替OK「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX

大手プロバイダで安心!また、口座振替にも対応しています。業界第2位の安さを誇り、キャッシュバックの受け取り手続きも簡単なので、WiMAX初心者ならBIGLOBEが精神的に一番楽です。※2年間支払い総額はとくとくBBと8,262円しか変わりません

公式サイト⇒BIGLOBE WiMAX 2+

いきなり大幅割引でキャッシュバック貰い忘れの心配がない「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

業界第4位でもあなどるなかれ!月額料金が安いので月々の負担は少なく、契約時に大幅割引を受けられるため、ほかのプロバイダのように「キャッシュバックの受取手続きを忘れないようにしないと…」とビクビクする必要がありません。

毎月お得&ストレスの少ないWiMAXプロバイダです。

公式サイト⇒BroadWiMAX

トップへ戻る