21社を徹底比較!あなたにオススメのモバイルWiFi【比較と選び方】

WiMAXでLINE(ライン)の通話機能を使うことはできる!

この記事は約3分で読めます。

いまや家族や友達との連絡手段として欠かせなくなったLINE(ライン)。メールよりも気軽で、送信するまでが楽ですし、通話まで出来てしまいますから本当に便利なアプリです。

 

しかし、これからWiMAXをメインで使おうと思っている人の中には、「WiMAXでLINEの通話はできるの…?」と心配になっている人もいると思います。LINEの通話機能はデータ通信を利用したものですから、不安定なイメージのあるWiMAXで無事使えるのか疑問が残るのです。

 

そこで今回は、WiMAXでLINEの通話機能が使えるのかどうかと、注意点について説明していきたいと思います。

WiMAXでLINEの通話機能を使うことはできる

まず初めに、WiMAXでLINEの通話機能が使えるかどうかですが、これは問題なく使えます。

 

私がWiMAX環境の整っている東京に住んでいるからかもしれませんが、エリア内であればLINEの通話は普通に繋がりました。

 

そもそもLINEの通話で使われる通信量はとても少ないです。

 

【LINEの通話機能で使われる通信量】

  • 1分あたり:0.3MB

 

「0.3MB」だけでは分からない人も多いと思いますが、例えば、スマホで画像多めのホームページを開くと、約0.3MBです。

 

また、スマホでYouTube(標準画質360p)を1分間見ると、約4MBです。

 

ちなみに、WiMAXにはギガ放題プランを契約しても3日10GB制限という速度制限がありますが、この制限はとても緩く、YouTubeの標準画質は見れる程度のため、たとえ制限にかかってしまったとしてもLINEの通話は可能です。

徹底解説!WiMAX2+の3日10GB制限はどれくらい快適か?

3日3GB制限中のWiMAX2+はYouTubeを再生することが出来るのか?

WiMAXでLINEの通話機能を使う時の注意点

WiMAXを使ってLINEで通話をすることは可能ですが、いくつか注意が必要です。

常にWiMAXのルーターの電源をONにしておく必要がある

LINEの通話を日頃からよく利用する人は、常にWiMAXのルーターをONにしておく必要があります。

 

なぜなら、ルーターをONにしてスマホをインターネットに繋いでおかないと、相手側からのLINE通話の呼び出しに気付くことが出来ないからです。

 

これはある意味当然のことですが、「自分から誰かにLINE通話をかける以外に、誰かからLINE通話がかかってくるかもしれないから、ルーターを常にONにしておく必要がある」と覚えておいてください。

WiMAXのエリア外ではLINE通話は不可

先ほども言った通り、LINE通話はデータ通信を使います。そのため、WiMAXのエリア外ではインターネット自体が出来ず、それに伴ってLINE通話も出来なくなります。

 

例えば、山の付近だとWiMAXのエリアが及んでいないところも多いので、LINE通話ができない場合もあります。『WiMAXのサービスエリア』などを事前に確認し、注意するようにしてください。

まとめ

LINE(ライン)の通話機能は意外にもデータ通信量が少ないです。しかし、これを知らない人は「WiMAXでLINEの通話はムリなんじゃ…」と思ってしまうのかもしれません。

 

WiMAXならたとえ3日10GB制限にかかったとしても、LINEの通話は出来ますから、安心して良いでしょう。