なるほど!WiMAX契約時の初期費用や事務手数料とは?

WiMAXを契約しようと思った時に目にするのが、「初期費用」「事務手数料」です。プロバイダによっては18,857円の初期費用の支払いが必要なこともあるので、「初期費用ってこんなに高いの?!」「他のプロバイダの初期費用はいくらなの?」と思う人もいることでしょう。

そこでこのページでは、そもそも初期費用や事務手数料とは何なのか?、各WiMAXプロバイダの初期費用はいくらなのか?を説明していきます。

これらを理解することで、WiMAXのプロバイダごとの特徴や、どこからWiMAXを契約するのが最もお得なのかを知ることが出来ます。是非参考にしてみてください。

WiMAXの初期費用や事務手数料とは?

WiMAXにかかる費用は、月額料金だけではありません。その他に「初期費用」「事務手数料」といったものがあります。

具体例として、まずUQ WiMAXを見てみましょう。

WiMAXマスターUQWiMAX登録料3000円初期費用事務手数料2

【UQ Flatツープラス ギガ放題】

ご契約に際し、別途登録料3,000円が必要となります。登録料はお申し込み手続きした翌月に請求させていただきます。

UQ WiMAXの場合は「登録料」という名前になっていますが、申し込みをした翌月に3,000円を支払うことになっています。

では次に、業界最安値のとくとくBB WiMAXを見てみましょう。

WiMAXマスターとくとくBBWiMAX初期費用事務手数料3000円

【初期費用について】

WiMAX2+事務手数料:3,000円(税別)が別途かかります。

とくとくBB WiMAXもUQ WiMAXと同様、契約直後の最初だけ3,000円の費用が別途かかります。

続いてもう1つ、Broad WiMAX(ブロードワイマックス)についても見ていきます。

WiMAXマスターBroadブロードWiMAX初期費用事務手数料3000円

Broad WiMAXに関しては、契約事務手数料というものに3,000円かかり、さらに初期費用というものに18,857円がかかることになっています。しかし、キャンペーン適用になると高額な初期費用は0円になります。

最初に支払う3,000円は何なのか?

WiMAXプロバイダによって多少呼び方は違いますが、どこも「初期費用」「事務手数料」という名目で3,000円を請求しています。

ではいったい、この3,000円とは何の費用なのでしょうか?

答えは、私たちがWiMAXを契約した時に、プロバイダの従業員が行う登録作業にかかる費用(人件費)です。最初のみ登録作業の手間が発生するので、3,000円がかかる仕組みになっています。

ちなみに、この事務手数料3,000円はどのプロバイダから申し込んでも必ずかかります。無料で承っているところは1つもありません。また、この3,000円が0円になるキャンペーンも今まで見たことがありません。

初期費用がとても高いWiMAXプロバイダがあるが…?

先程の例で紹介したBroad WiMAXだけは、3,000円のほかに18,857円の初期費用を設けています。これはなぜでしょうか?

実は、Broad WiMAXは月額料金を通常の4,380円よりも安い3,541円にする代わりに、初期費用として高額な18,857円を請求しているのです。

これでは結局料金が安いのか高いのかよく分かりませんが、実際は月々安くなった分をまとめて契約時に一気に支払っているだけなので、このままでは割引感はありません。

ただし、以下の条件をクリアして、キャンペーンが適用されれば18,857円の高額な初期費用は0円になり、それによってようやくお得になります。

【キャンペーンが適用される条件】

  1. Webフォームからお申込み
  2. 月額最安プランをクレジットカードでお申込み
  3. 端末安心サポート・My Broadサポートのオプションに加入(商品到着後の解約可能)

各WiMAXプロバイダの初期費用・事務手数料の料金

ではここで、主要な各WiMAXプロバイダの初期にかかる料金を確認していきましょう。

 初期にかかる費用備考
UQ WiMAX3,000円
とくとくBB WiMAX3,000円
So-net WiMAX3,000円
BIGLOBE WiMAX3,000円
Broad WiMAX3,000円+18,857円キャンペーン適用で18,857円が0円になる。
ぺパボWiMAX3,000円

こうして表にして見ると、Broad WiMAXだけ特殊な料金体系をしていることが分かります。あとはすべて同じです。

多くのWiMAXプロバイダはキャッシュバックキャンペーンを実施してお客さんに利益を還元していますが、Broad WiMAXだけは月額料金を安くした分を初期費用に回し、さらにその初期費用を0円にするキャンペーンを行うことで利益を還元しています。

還元する金額によってお得なプロバイダが決まる

WiMAXプロバイダはたくさんありますが、どこも同じようなキャンペーンを行っています。それがキャッシュバックです。Broad WiMAXも言ってみれば、18,857円のキャッシュバックをしているとも捉えることが出来ます。

どれだけキャッシュバック金額が大きいかで、料金の安さが変わってきます。

そうしたことから、安さの観点で注目すべきはキャッシュバックです。初期費用・事務手数料というのはどのプロバイダも同じ料金を支払うことになるので考える必要がないのです。ここで、もしお得なWiMAXプロバイダが知りたい場合は『おすすめWiMAXプロバイダの比較と選び方』を参考にしてみましょう。

オススメWiMAXプロバイダ3選

業界最安値「とくとくBB WiMAX」

とくとくBB WiMAX

業界一キャッシュバックが高額で、月額料金も安い!一番お得にWiMAXを契約したいなら、とくとくBBと契約するのが最良の方法になります!

公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


安さ&信頼&口座振替OK「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX

大手プロバイダで安心!また、口座振替にも対応しています。業界第2位の安さを誇り、キャッシュバックの受け取り手続きも簡単なので、WiMAX初心者ならBIGLOBEが精神的に一番楽です。※2年間支払い総額はとくとくBBと8,262円しか変わりません

公式サイト⇒BIGLOBE WiMAX 2+

いきなり大幅割引でキャッシュバック貰い忘れの心配がない「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

業界第4位でもあなどるなかれ!月額料金が安いので月々の負担は少なく、契約時に大幅割引を受けられるため、ほかのプロバイダのように「キャッシュバックの受取手続きを忘れないようにしないと…」とビクビクする必要がありません。

毎月お得&ストレスの少ないWiMAXプロバイダです。

公式サイト⇒BroadWiMAX

トップへ戻る