WiMAX端末のW05とWX04の違いを比較!おすすめはどちらか決定戦

「W05とWX04、どっちを選べばいいのか迷ってる…」

「気持ち的にはバッテリー時間が長いWX04のほうに傾いてるんだよなぁ…」

「でもW05は最新端末だし、どうせなら最新のを選んだほうがお得な気がする…」

あなたはこのような悩みを持っていませんか?

WiMAXのメリットは持ち運べること。だからこそバッテリー時間は重要な項目です。できることならバッテリー時間が一番長い端末を選びたい!そう思うのは自然なことですよね。

しかし、今はWX04より最新な端末「W05」があります。そしてW05はWX04よりもバッテリー時間が短いのです。本当なら思い切ってW05を選択したいところですが、バッテリーの短さが気になってしまいます…。

そこで今回は、W05とWX04の特徴を照らし合わせ、同じ部分と違う部分を明らかにしていきます。その上で、どちらのほうが優れているのか、私の考えも交えて書いていきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

W05とWX04の違いを比較

同じ部分

まずはW05とWX04の同じ特徴を以下に整理してみました。

  • 端末のサイズ感
  • 通信モードの機能
  • 無線LAN5GHzに対応
  • タッチパネル
  • スマホアプリあり
  • 通信量カウンター(データ通信量超過通知機能)あり
  • 急速充電対応

これらの部分に関しては、ここでは詳しく言及しません。もし詳細を知りたい場合は、以下の各ページを読んでみてください。

関連WiMAX端末|Speed Wi-Fi NEXT W05の評価・評判・口コミ

関連WiMAX端末|Speed Wi-Fi NEXT WX04の評価・評判・口コミ

違う部分

それではいよいよ本題です。W05WX04の違う部分を比較していきます。以下を見てください。

  1. メーカー
  2. 通信速度:W05の勝ち
  3. バッテリー時間:WX04の勝ち
  4. バッテリー交換の可否:WX04の勝ち
  5. クレードルのアンテナ搭載の有無:WX04の勝ち
  6. ロングライフ充電の有無:WX04の勝ち

いくつも違いがあるので、パッと見ただけでは判断できないかもしれません。では各項目を1つずつ確認していきましょう。

メーカー

WiMAXの端末には、名前に「W○○」「WX○○」と付くものがあります。

「W○○」はHUAWEI製。中国の有名なメーカーです。ちなみに私が使っているスマホもHUAWEI製。安くて高性能な特徴があります。

対して「WX○○」は日本のNECプラットフォームズ製。日本製なので安心感があるかもしれませんね。

通信速度:W05の勝ち

W05は下り最大758Mbps。WiMAX2+のみの通信(ハイパフォーマンスモード)で下り最大558Mbps。上り最大75Mbpsです。

※下り:ネット閲覧や動画再生、ダウンロードなど、通信を受信する時の速度

※上り:メール送信や画像アップロードなど、通信を発信する時の速度

WX04は下り最大440Mbps。WiMAX2+のみの通信(ハイパフォーマンスモード)で下り最大440Mbps。上り最大50Mbpsです。

バッテリー時間:WX04の勝ち

W05のバッテリー時間は最大10時間30分。

WX04のバッテリー時間は最大13時間50分。

バッテリー交換の可否:WX04の勝ち

W05はバッテリー交換が自分ではできません。もし経年劣化でバッテリー時間が短くなり、電池交換したい場合は直接auショップに頼むしかありません。

WX04は自分でバッテリー交換をすることができます。バッテリーも「UQアクセサリーショップ」やその他ネットショップで簡単に購入可能です。

クレードルのアンテナ搭載の有無:WX04の勝ち

W05のクレードルにはアンテナが搭載されていません。

関連クレードルとは?WiMAXとの使い方から必要性までを丁寧に解説

WX04のクレードルにはアンテナが搭載されており、屋内(自宅)でも安定して電波を拾ってくれます。また、ムービングフォーム機能もあり、通信機器の方向に集中してWi-Fiを飛ばしてくれます。

ロングライフ充電の有無:WX04の勝ち

W05は充電を始めれば100%まで充電します。

WX04は「ロングライフ充電」に設定すると、最大70%までしか充電されません。しかしそのお陰でコンセント差しっぱなしで常に充電していても、経年劣化が起こりにくく、バッテリー自体が長持ちします。

まとめ

さて、ここまで読んで、W05とWX04の違いが理解できたでしょうか。通信速度以外では、明らかにWX04が優勢でしたね。

じゃあWX04を選んだほうがいいのか?

私の場合は通信速度重視でW05を選びます。なぜかというと「モバイル端末の通信速度は速ければ速いほどいい」という考えだからです。単純に、快適性を第一に求めています。

バッテリーは、最大10時間30分もあれば十分。バッテリー交換についても、WiMAXはどのプロバイダでも長期利用(22ヶ月以上)していれば、無料で最新端末に交換OKなサービスがあります。端末を交換すればバッテリーも新しくなるので、W05のように自分でバッテリー交換できなくてもいいと思っています。

また、クレードルについても、クレードル自体が別途有料なので必要ないという考えです。ただ、自宅でもフルでWiMAXを使いたい人は「アンテナ内蔵のクレードル」「ロングライフ充電」の機能がとても役立ちます

結論としては、外での快適性を重視している人はW05をそもそもWiMAXを外でも自宅でも使おうと思っている人はクレードル同時購入でWX04を選べばいいのではないでしょうか。

端末選びって地味に迷うんだよね~。困っちゃう!

10月のオススメWiMAXプロバイダ3選

業界最安値「とくとくBB WiMAX」

とくとくBB WiMAX

業界一キャッシュバックが高額で、月額料金も安い!一番お得にWiMAXを契約したいなら、とくとくBBと契約するのが最良の方法になります!

キャッシュバックキャンペーン公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


でももし、キャッシュバックキャンペーンではなく、毎月の出費を抑えたいなら月額割引プランのほうがおすすめ!
月額割引キャンペーン公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,170円(税抜)~!

安さ&信頼&口座振替OK「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX

大手プロバイダで安心!また、口座振替にも対応しています。WiMAX初心者だけどお得に契約したいならBIGLOBEも良いでしょう。

公式サイト⇒BIGLOBE WiMAX 2+

「BIGLOBE WiMAX 2+」

月額大幅割引の「So-net WiMAX」

So-net WiMAXは月額割引キャンペーンを実施しているプロバイダ。So-netはその名を知っている人も多い大手プロバイダ会社なので、安心して契約したい初心者におすすめです。

公式サイト⇒WiMAXならSo-net!お得なキャンペーン実施中

トップへ戻る