21社を徹底比較!あなたにオススメのモバイルWiFi【比較と選び方】

突如現れた「ギガMAX月割」のメリット・デメリットとは?

この記事は約2分で読めます。

ギガMAX月割が適用されれば、UQ mobileの毎月の料金が300円安くなります。

 

しかし中には、「実はギガMAX月割にはデメリットが存在するのではないだろうか…?」と不安に思っている人もいるんじゃないでしょうか?

 

そこで今回は、ギガMAX月割のメリット・デメリットをそれぞれ紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

ギガMAX月割のメリット

300円安くなる

すでにUQ mobileとWiMAXを契約している人からしたらラッキーなサービスですね。節約になりますから。

WiMAXプロバイダはどれでも可

WiMAXには、UQ以外にも、GMOとくとくBBやBIGLOBEなど、さまざまなプロバイダが存在しますが、どのプロバイダと契約しても「ギガMAX月割」は適用されます。

 

ですので、なるべくお得なキャンペーンを実施しているWiMAXプロバイダと契約するようにしましょう。

関連ギガMAX月割と提携している全プロバイダを詳しく紹介!

関連今月の一番安いWiMAXプロバイダは?

ギガMAX月割のデメリット

たった300円

「ギガMAX月割で安くなる!」と言っても、UQ mobileの毎月の料金がたった300円安くなるだけです。

 

半額くらいになればお得感ありますが、1ヶ月300円ってちょっと物足りないような気もしますね。

契約プランが拘束される

ギガMAX月割を適用するためには、UQ mobileの契約プランを「おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L」のいずれかにしなければなりません。

 

「通話が不要だから、データ通信のみのプランにしたい!」って人はギガMAX月割を適用することができないのです。

 

また、WiMAXについても、契約年数が3年以上のプランを申し込まなければなりません。

 

もし、格安スマホは手に入れたいけど、データ通信のみのプランを希望するのであれば、業界最安値水準のDMMモバイルをオススメします。

公式サイトDMMモバイル

まとめ

いずれにせよ、現在、ドコモ、au、ソフトバンクなどの3大キャリアのスマホを契約しているなら、早急に格安スマホに移ったほうがいいでしょう。

 

私はDMMモバイルのデータ通信のみ1GBプランを契約していますが、毎月の料金はたったの518円です。(通話用にドコモのガラケー(月額1,380円)を所有していますが)

 

アディオス!