21社を徹底比較!あなたにオススメのモバイルWiFi【比較と選び方】

誤解多すぎ!WiMAXは終了してもWiMAX2+は終了しない

この記事は約3分で読めます。

突如、「WiMAXが2020年に終了!」とのニュースが入ってきました。

 

このニュースを見た時は一瞬驚きましたが、どうやら誤解をしていたようでした。

 

要するに、「昔主流だった「WiMAX」電波を利用したデータ通信サービスを終了し、現在主流の「WiMAX2+」電波を利用したサービスのみにしていく」とのこと。

 

今現在、WiMAXを契約している人、これからWiMAXを利用しようと考えている人は、何も心配する必要はありませんでした。以下ではさらに詳しくWiMAXの終了について紹介していきます。

WiMAXが終了することについて

WiMAXは、UQコミュニケーションズが提供しているデータ通信サービスのこと。根本から勉強したい人は『WiMAX初心者講座』のページを参考にしてみましょう。

 

さて、WiMAXサービスには2つの電波が存在します。それが、「WiMAX」「WiMAX2+」です。

 

以前は「WiMAX」通信しかありませんでした。ウリは月にいくらデータ通信を利用しても無制限!ユーザーとしてはすごくありがたいですよね。

 

しかし、2013年に「WiMAX2+」通信のサービスが開始しました。「WiMAX」よりも速度が速くなったので、よりストレスなくネットが使えるようになりました。利用者の増加にしたがって、「WiMAX2+」3日で10GB制限がありますが、たとえ制限にかかっても制限が発生する時間は「18時~午前2時」だけ。さらに制限発生時の通信速度は「YouTubeの標準画質が再生できる程度」が確保されます。とても快適です。

 

そして、現在発売されているWiMAX通信機器(モバイルルーター)は、どれも「WiMAX2+」通信を優先して使うような設計になっています。以前から「脱WiMAX」の流れは始まっていたのです。

 

ですから、今WiMAXに契約している人は、ほとんどが普段から「WiMAX2+」を利用しているはずですから、何も心配いりません。

 

そして、これからWiMAXの契約を考えている人も、「WiMAX2+」を利用することになるので、何も心配いりません。

WiMAX通信の終了時期は2020年

「WiMAX」通信サービスは、2020年3月31日に完全に終了します。

 

そして、「WiMAX」通信サービスの新規加入に関しては、2018年9月30日で終了します。

未だにWiMAX通信を利用している人はどうなる?

主流は「WiMAX2+」ですが、未だに古いWiMAX端末を利用しており、無制限の「WiMAX」を使い続けている人もいるかもしれません。

 

そういった方たちは、「WiMAX2+にお得に移行できるキャンペーン」が2018年10月1日~2020年3月10日の間に行われるので、この期間に早めに移行手続きをする必要があります。

 

キャンペーン中なら、WiMAX解約手数料は無料最初にかかる登録料3,000円無料端末交換代金も無料です。

 

しかも、WiMAX2+に移行する時に、「3年プラン」を選べば、3年間の月額料金が3,696円になります。通常なら3,696円になるのは最初の3ヶ月だけで、あとの期間は4,380円ですから、全然違います。

まとめ

WiMAX通信は終了しますが、WiMAX2+通信は今のまま残ります。だからWiMAXサービス自体が消えるわけではないので、何も心配しなくても大丈夫。

 

現状、WiMAX通信を利用している人だけは、キャンペーン期間中に移行手続きをすることをオススメします。