あなたにオススメのモバイルWiFi【比較と選び方】

法人向け外出先のネット回線!モバイルWiFi、WiMAX、格安SIMどれがいいか比較

この記事は約8分で読めます。

今は外出先でもインターネットをフル活用して仕事をする時代。

  • 営業先でタブレットやPCを使いながら商談する
  • 移動中にメール、ファイル(資料)の送受信を行う
  • ネット環境がないセミナー、イベント会場でもネットを使えるようにしたい
  • 急なWEB会議にも対応できるようにしておく

 

しかし、そのためにはインターネット回線を契約しなければなりません。また、契約するにしても、選択肢が多すぎてどれがベストなのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

そこでこのページでは、法人向けのモバイルWiFi、WiMAX、格安SIMに絞って特徴などを紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

法人向けモバイルWiFi

モバイルWiFiを契約すれば、パソコンやタブレット、スマホなどWi-Fiに対応した機器をインターネットにつなぐことができます。

モバイルWiFiの端末は↑のようなコンパクトサイズで持ち運びに便利です。基本的にドコモ、au、ソフトバンクのインターネット回線に対応しているので、広いエリアでネット接続が可能になります。

 

モバイルWiFiのメリットデメリット

  • 通信可能エリアが広い
  • 通信速度が速い
  • 複数の通信端末をネットに接続できる
  • 料金が高い
  • 月間の通信制限を設けているところが多い
  • 速度制限されるとかなり遅くなってしまうプロバイダがある

 

法人向けにモバイルWiFiサービスを提供している主な業者は以下の通りです。

プラン 月額料金 通信制限 制限時の速度
ドコモ(ギガホ) 6,980円(3回線以上で各回線1,000円引) 月30GB 最大1Mbps
au(モバイルルータープラン) 4,292円(LTEオプション利用で+1,000円) 3日10GB 約1Mbps(18~2時まで)
ソフトバンク(メリハリプラン) 7,480円(6ヶ月間1,000円引) 月50GB 最大128kbps
ワイモバイル(+アドバンスオプション) 4,380円 3日10GB 約1Mbps(18~1時まで)
縛りなしWiFi(縛っちゃうプラン) 2,800円 1日2GB 記載なし

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル(ソフトバンク回線)はそれぞれ自社回線を使ったインターネットサービスなので、通信速度が安定していて、エリアも広いです。月額料金は高いですが、もしモバイルWiFiを活用したいならこれらから選ぶと良いでしょう。

特にドコモのギガホプラン、auのモバイルルータープラン、ワイモバイルのアドバンスオプションは速度制限されても最大で1Mbps程度は出ます。

使いすぎることがあっても比較的安心です。

 

縛りなしWiFiなどの格安なモバイルWiFiサービスについてですが、回線はドコモ、au、ソフトバンクから借りており通信可能エリアは同じく広いです。ただし、回線を借りている分、帯域が狭い(データ通信の通り道が狭い)ので安定性に欠けます。とにかく安さ重視の法人向けです。

法人向けモバイルWiFiはエリアの広さと安定性を考えて、大手(ドコモ、au、ソフトバンク等)を選ぶのが吉。また、速度制限が発生しても1Mbps程度出るものならより安心。月額料金は高い傾向にある。

ドコモ

ドコモの『ギガホプラン』は月間30GB使える大容量プランです。また、30GB使い切っても速度が著しく低下するわけではなく、最大1Mbpsまでしか制限されないので安心です。

 

3回線以上の契約で割引もあるので、契約数が多い法人はお得になります。

au

auの『モバイルルータープラン』では、メイン回線がauではなく、WiMAXとなっています。3日10GB制限がありますが、速度制限されても夜18時~翌日2時の間だけで、制限中も1Mbpsは出るので、日中の仕事に悪影響が出ることは少ないでしょう。

※WiMAXの回線を提供しているUQコミュニケーションズはauの傘下

また、端末側で「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えることで、au回線(LTE)も月7GBまで利用可能です(利用月のみ追加料金1,000円)。

 

この記事の下のほうで法人向けWiMAXプロバイダについても解説しています。もしWiMAXを利用したい場合は、auで契約するよりもWiMAXプロバイダから契約したほうがお得です。

ソフトバンク

ソフトバンクは料金が高く、月50GB制限があります。速度が制限されると翌月になるまで超低速の128kbpsとなるので注意が必要です。

 

また、『メリハリプラン』は「動画SNS使い放題」となっていますが、LINEの音声通話・ビデオ通話が対象外となっているなど、一部データ通信量を消費するケースがあることは把握しておかなければなりません。

ワイモバイル

ワイモバイルの通常プランは月7GB制限がありますが、追加で『アドバンスオプション』を付けることで通信制限が緩和されます。具体的には月7GB超過後も、夜18時~翌日1時の間に約1Mbps程度の速度制限がされるだけ。auの『モバイルルータープラン』とよく似ています。

 

回線はソフトバンクなので対応エリアが広く、使い勝手はいいでしょう。

縛りなしWiFi

縛りなしWiFiなど、大手から回線を借りているMVNOと呼ばれるプロバイダは通信が安定しない傾向にあるので、とにかく安さを重視したい法人以外は手を出さないほうが無難です。

MVNOの1つである「どんなときもWiFi」は通信速度が著しく低速化する等の問題が発生したことから、2020/6/19に総務省から行政指導を受けています。

法人向けWiMAX

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているサービスで、回線はUQコミュニケーションズのものです。

※WiMAXはモバイルWiFiの一種

 

UQの回線は、主要都市の人口カバー率99%、全国の人口カバー率90%となっており、ドコモ、au、ソフトバンクほどではありません。田舎ではエリア外のこともあるので、仕事のエリアが主要都市の法人向けです。

 

WiMAXのメリットデメリット

  • 主要都市を99%カバー
  • 通信速度がそれなりに速い
  • 通信制限が厳しくない
  • 複数の通信端末をネットに接続できる
  • 通信エリアはドコモ、au、ソフトバンクより若干劣る
  • サービスエリア内でも電波が伝わりにくい場所(屋内、車中、地下、トンネル内、ビルの陰、山間部など)では、通信できなかったり通信速度が低下す る場合がある

 

法人向けにWiMAXを提供している主な業者は以下の通りです。

ギガ放題プラン 初期費用 月額料金 端末代金 通信制限 制限時の速度
UQ WiMAX 非公開(法人特別プラン) 非公開(法人特別プラン) 非公開(法人特別プラン) 3日10GB 約1Mbps(18~2時まで)
BIGLOBE WiMAX 初回0円
  • サービス開始月:無料
  • 1ヶ月~:3,780円
19,200円 3日10GB 約1Mbps(18~2時まで)
Broad WiMAX 事務手数料3,000円

オプション加入で18,857円が0円

  • ご利用開始月:2,726円の日割り
  • 1~2ヶ月:2,726円
  • 3~24ヶ月:3,411円
  • 25ヶ月~:4,011円
0円 3日10GB 約1Mbps(18~2時まで)
GMOとくとくBB WiMAX 事務手数料3,000円
  • ご利用開始月:2,690円の日割り
  • 1~2ヶ月:2,690円
  • 3~24ヶ月:3,344円
  • 25ヶ月~:4,263円
0円 3日10GB 約1Mbps(18~2時まで)

UQ WiMAXは『法人専用特別プラン』を用意しており、情報開示した法人以外には開示できないことになっています。開示請求の方法は以下で解説します。

 

ほかのプロバイダついては、BGLOBE WiMAXが個人向けとは違ってキャッシュバックキャンペーンをしない代わりに、月額料金を200円下げています。Broad WiMAXとGMOとくとくBB WiMAXは個人向けと料金が変わりません。

上で紹介した「法人向けモバイルWiFi」と比べると料金が安いので、経費を抑えながら主要都市で仕事をする法人向け。

UQ WiMAX

WiMAX本家であるUQ WiMAXは、ほかのプロバイダと違って『法人向けの特別プラン』を用意しています。しかしこれは一般公開されていません。

 

ちなみに私はUQ WiMAXの一次取次店である「株式会社縁人」を通じて特別プランの書面に目を通し、実際に内容を確認しています。

 

↓の「UQ WiMAX法人特約開示請求」お問い合わせフォームから開示請求することで「株式会社縁人」から確認の連絡が入り、その後特別プランの資料を確認することができます。もし法人向けWiMAXプランの導入を考えている方はぜひ問い合わせてみましょう。

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXは個人契約よりも月額料金が200円安いですが、別途「BIGLOBEオフィスサービス」が月額でかかってきます。

 

端末代金もかかるので初期にかかる費用は高くなります。

Broad WiMAX

料金は個人向けの契約内容と同じです。

GMOとくとくBB WiMAX

料金は個人向けの契約内容と同じです。

法人向け格安SIM

格安SIMはプランの種類が豊富で、「月のデータ容量」から「SMSありなし」、「音声通話付きにするかどうか」で料金はさまざま。SIMごとに端末(モバイルWiFi、スマホ、タブレット等)も選ぶことができます。

 

格安SIMのメリットデメリット

  • ドコモ、au、ソフトバンクいずれかの回線を借りているプロバイダがほとんどなので通信可能エリアが広い
  • プランの種類が豊富
  • SIM毎に端末が選べる
  • 大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と比べると通信が安定しないことがある

 

法人向けに格安SIMを提供している主な業者は以下の通りです。

プラン 初期費用 月額料金 制限時の速度
BIGLOBE法人向け格安SIM 3,394円 SMSなし月6GBプラン:1,250円 最大200kbps
法人向け楽天モバイル 記載なし SMSなし月5GBプラン:1,450円 最大200kbps
法人向けmineo 3,400円 SMSなし月6GBプラン:1,580円 最大200kbps

データ容量が少ないプランを選べばかなり安い料金で契約できるので、あまりインターネットを使う予定がなく、最低限ネットが使えればいいのであれば、格安SIMが安く済ませられます。

プランを細かく選びたい、安い料金でネット回線・音声通話が最低限使えればいいという法人に格安SIMはおすすめ。

BIGLOBE 法人向け格安SIM

社用のスマホやタブレットでの利用はもちろんのこと、電力管理や車載カメラをはじめとした機器同士の通信(IoT・M2M)や、短期イベントでのデータ通信など、さまざまなビジネスシーンで利用可能です。

 

導入前のお試し利用もOKなので、事前に機器との接続確認・エリアの確認・通信速度や品質の確認がしたい方でも安心です。

法人向け楽天モバイル

モバイル回線にありがちな縛り期間がなく、解約違約金もありません。通信容量が余ったら翌月に繰り越せたり、1回線から申し込みOKなので、柔軟な利用が可能となっています。

法人向けmineo

mineoでは閉域ネットワークへの接続が可能です(インターネットに接続せずに社内ネットワークにアクセスできるので、高セキュリティなリモートアクセス環境が実現)。

 

また、利用が少ない時はパケットを企業内でシェアできるので無駄のない運用ができます。セキュリティ重視で格安SIMを契約したい法人向け。

9月のおすすめWiMAX3選

業界最安値「GMOとくとくBB WiMAX」キャッシュバックキャンペーン


キャッシュバック金額が高額なので、業界一お得なプロバイダ。安さ重視でWiMAXを契約するなら、GMOとくとくBB(キャッシュバック)が断然おすすめです。

キャッシュバックキャンペーン公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円~


確実にお得になる「GMOとくとくBB WiMAX」月額割引キャンペーン

GMOとくとくBBは月額割引キャンペーンのWiMAXも用意しています。こちらはキャッシュバックキャンペーンより3年間合計の費用が多少高いですが、何の手続きもなしに毎月の費用が安くなります。キャッシュバックキャンペーンの受け取り手続きを忘れてしまいそうな人は、月額割引キャンペーンのほうで契約しましょう。

月額割引キャンペーン公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,590円(税抜)~!

大手&安心&気軽に解約できる「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBEはその名を知っている人も多い大手プロバイダ会社なので、安心して契約したい初心者におすすめです。違約金は1年以内なら1,000円、それ以降は無料になります。いつでも気軽に解約できる点は大きな魅力です。

公式サイト⇒BIGLOBE WiMAX 2+

「BIGLOBE WiMAX 2+」

法人向け
ワイマ君をフォローする
WiMAXマスター