WiMAX端末おすすめの機種を紹介|2017年8月版

WiMAXを契約する時は、これから自分が使う端末(ルーター)の機種も選ばなければなりません。

しかし、機種はいくつもありますから、知識がない人からしたら、どれが性能がいいのか、どれがおすすめなのか分かりません。

また、ほとんどのプロバイダでは、2万円相当の端末代金が無料になっているので、どうせなら最新で良い性能のものを選びたいですよね。

そこでこのページでは、現時点でどの機種の端末がおすすめなのか、初心者にも分かりやすいように紹介していきたいと思います。

現在入手可能なWiMAX端末

WiMAXの端末は、3ヶ月~1年ほどで新しい機種が出てきます。新機種が出るとバッテリー時間が長くなったり、対応する通信速度が速くなったりと性能がアップしています。

そして、これまで販売されていた機種は生産が終わり、在庫がなくなり次第手に入らなくなります。このようにして機種は移り変わります。

以下は現在入手可能なWiMAX端末の機種です。それぞれ特徴を解説します。

Speed Wi-Fi NEXT W04

【W04の主な特徴】

  • 発売日:2017/2/17
  • バッテリー時間:最長10時間30分
  • 対応電波:WiMAX2+・au 4G LTE(追加料金)
  • タッチパネルで操作
  • 通信速度440Mbpsに対応
  • 送信速度(上り)が従来の3倍の30Mbpsに対応

W04の特徴を一言でいうなら、「データ通信の送受信の速度が速く、これまで以上に快適」です。

また、これまでの機種よりも多少バッテリー時間は短くなっていますが、最大で10時間30分も持てば十分だと考えられます。どうしてもバッテリーの持ちを重視するのなら、440Mbpsにも対応しているWX03のほうがいいとは思いますが、そうでなければW04をおすすめします。

Speed Wi-Fi NEXT WX03

wimax%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bcspeedwi-finextwx03

【WX03の主な特徴】

  • 発売日:2016/12/2
  • バッテリー時間:最長12時間20分
  • 対応電波:WiMAX2+
  • タッチパネルで操作
  • 通信速度440Mbpsに対応
  • 有料のクレードルに拡張アンテナ内臓

ハイパフォーマンスモードに限り、バッテリー時間はW03より短いですが、エコモードなら最長12時間20分も長持ちします。

通信速度は過去最高の440Mbpsに対応し、快適性が大幅アップしました。

これからWiMAXを契約するならWX03は非常におすすめです。

Speed Wi-Fi NEXT W03

WiMAXマスター端末ルーター機種SpeedWi-FiNEXTW03予約受付中画像2

【W03の主な特徴】

  • 発売日:2016/7/1
  • バッテリー時間:最長12時間
  • 対応電波:WiMAX2+・au 4G LTE(追加料金)
  • タッチパネルで操作
  • 通信速度370Mbpsに対応

最新端末のW03は、WiMAX史上初の通信速度370Mbps対応ルーターです。また、バッテリー時間もこれまでの端末と比べて格段に向上しました。

Speed Wi-Fi NEXT W02

WiMAXマスターSpeedWi-FiNEXTW02

【W02の主な特徴】

  • 発売日:2016/2/19
  • バッテリー時間:最長8時間30分
  • 対応電波:WiMAX2+・au 4G LTE(追加料金)
  • タッチパネルで操作

W02は現在販売されているWiMAX端末の中で最も新しい機種です。しかし、これといって目を引く性能が付いたわけではなく、W02の前のモデルW01よりバッテリー時間が30分長くなっただけだと考えておけばよいでしょう。

コンパクトで持ち運びしやすく、電波はWiMAX2+とau 4G LTEに対応しています。au 4G LTEは使うとその月の月額料金に1,000円が課金されますので、追加料金を払いたくない人は端末で「ハイスピードプラスエリアモード」に設定しないように注意しましょう。

Speed Wi-Fi NEXT WX02

WiMAXマスター端末ルーターWX02画像-compressor

【WX02の主な特徴】

  • 発売日:2015/11/20
  • バッテリー時間:最長10時間(Wi-Fi利用時)
  • 対応電波:WiMAX2+・WiMAX
  • ボタンで操作

WX02は比較的新しい機種で、バッテリー時間が長いので注目度の高い端末です。

スイッチのON・OFFも起動が早いですし、スリムで持ち運びに便利です。また、自分がどれだけデータ通信を使ったかもボタン1つで簡単に確認できますから、とても使い勝手が良いです。

Speed Wi-Fi HOME L01

【novas Home+CAの主な特徴】

  • 発売日:2017/2/17
  • 対応電波:WiMAX2+・au 4G LTE
  • 自宅に据え置き型
  • 通信速度440Mbpsに対応

過去の据え置き型ルーターにはない、最大速度440Mbpsに対応し、インターネット通信の快適性が大幅アップしました。

自宅だけでWiMAXを使おうと考えている人におすすめです。

novas Home+CA

wimax%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bcnovashomeca%e3%81%ae%e7%89%b9%e5%be%b4%e3%80%81%e8%a9%95%e5%88%a4%e3%80%81%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%80%81%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%80%81%e3%83%ac%e3%83%93

【novas Home+CAの主な特徴】

  • 発売日:2016/10/7
  • 対応電波:WiMAX2+
  • 外部アンテナ装備
  • 自宅に据え置き型
  • 通信速度220Mbpsに対応

自宅据え置き型のWiMAXルーター。外部アンテナを装備したことで、URoad-Home2+よりも送受信感度が大幅にアップしました。

URoad-Home2+

WiMAXマスター据え置き型URoad-Home2+

【URoad-Home2+の主な特徴】

  • 発売日:2015/3/13
  • 対応電波:WiMAX2+・WiMAX
  • 自宅に据え置き型
  • 通信速度110Mbpsに対応

特に外でインターネットをする予定がないのなら、自宅据え置き型のWiMAXルーターがおすすめです。

URoad-Home2+は電波の送受信感度が向上しているので、安定してインターネットを利用することが出来ます。

まとめ

基本的に、WiMAX端末は最新のものを選んだほうが良いです。

「W04」はスタイル、機能性が優れているので、現段階で最もおすすめ出来ます。

当サイトではおすすめWiMAXプロバイダも紹介しているから、見てみてね!

オススメWiMAXプロバイダ3選

業界最安値「とくとくBB WiMAX」

とくとくBB WiMAX

業界一キャッシュバックが高額で、月額料金も安い!一番お得にWiMAXを契約したいなら、とくとくBBと契約するのが最良の方法になります!

公式サイト⇒GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円



安さ&信頼&口座振替OK「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX

大手プロバイダで安心!また、口座振替にも対応しています。業界第2位の安さを誇り、キャッシュバックの受け取り手続きも簡単なので、WiMAX初心者ならBIGLOBEが精神的に一番楽です。※2年間支払い総額はとくとくBBと8,262円しか変わりません

公式サイト⇒BIGLOBE WiMAX 2+ キャンペーン

いきなり大幅割引でキャッシュバック貰い忘れの心配がない「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

業界第4位でもあなどるなかれ!月額料金が安いので月々の負担は少なく、契約時に大幅割引を受けられるため、ほかのプロバイダのように「キャッシュバックの受取手続きを忘れないようにしないと…」とビクビクする必要がありません。

毎月お得&ストレスの少ないWiMAXプロバイダです。

公式サイト⇒BroadWiMAX

トップへ戻る